「ネギスコヴィル」 フードニッポンアワードで入賞

 国産農産物の消費拡大に優れた取り組みや商品を表彰する農林水産省のフード・アクション・ニッポンアワード2016の100選に、印南町印南、カワバタファーム(川端泰良代表)のオリジナル商品「ネギスコヴィル」が入賞した。こだわりの栽培で自家生産している唐辛子とネギを使ったタバスコで、やみつきになる味とインパクト抜群のパッケージが特徴。日高地方発の新たな食文化として全国で注目されそうだ。
 大阪で建築関係の仕事をしていた川端さん(43)は農業がやりたいと、同じく大阪で店舗デザイナーをしていた妻の宝子さん(42)との結婚を機に平成12年、2人で印南町印南にIターンして16年。こだわりの有機栽培を実践し、スイカやメロンなどの農産物を生産、販売している。
 5年ほど前からネギを栽培しているが、台風や強風でネギが曲がると商品価値がなくなることを何度か経験。「品質は全く問題ないのに、価値がなくなるのはもったいない」と有効活用の一つとして3年ほど前から加工品作りに挑戦し始めた。
 知人のフードコーディネーターのアドバイスを受けながらネギドレッシング、万能ソース、ネギ味噌だれなどを試作したが、「どれももう一つパンチが弱かった」と納得いかなかった宝子さんが、自分で作っていたタバスコに入れてみると、「これはいける」と手応え。国内で流通する唐辛子の99%が外国産といわれる中、印南の畑で無農薬栽培している3種類の唐辛子を使い、ネギは乾燥させてパウダーにして調合するなど試行錯誤を繰り返し、一昨年の春、材料オール国産で、味も納得のネギタバスコが完成。県内で生産できる工場がなく、材料を送って京都の会社で製造してもらい、商標登録等を経て昨年春から商品として販売している。1本65㍉㍑で520円。大手百貨店や芦屋などのこだわりの商品を販売する店舗のほか、県内では印南サービスエリア、中辺路町のドライブイン「ちかつゆ」でも購入できる。
 商品名は、ネギと、辛さの単位であるスコヴィルをミックス。赤鬼をイメージしたパッケージの絵は宝子さんがデザインした。定番のピザやパスタのほか、鍋のポン酢に1滴、クリームシチューには2滴、冷奴のアクセント、から揚げや焼き鳥、餃子との相性もばっちり。泰良さんは「ネギを入れることでコクが出て、入れないのとでは全く味が違います。くせになると思いますので、ぜひ一度使ってみてください」とPR。宝子さんは「太陽の光、潮風、土の中の微生物からたくさんの栄養をもらって育った農産物が食卓に並ぶようになることが私たちの願い。この商品を通じて私たちのこだわりが少しでも伝わればうれしい」と願い、「青鬼、黄鬼も作って3本セットで土産物にすることにもチャレンジしたい。タバスコに限りませんが、いつかはしょうゆ、ソースと並んでどこの食卓にも当たり前に並ぶ調味料を作りたい」と夢を膨らませている。

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る