「釜石の奇跡」をあらためて知る

 美浜町で開かれた県等主催の津波防災講演会を取材した。講師は群馬大学大学院理工学府、片田敏孝教授。「釜石の奇跡」を数年間の防災教育で導いた人物である
 当初は「大きな堤防があるから逃げなくても」という雰囲気。片田教授は子ども達に避難三原則「①想定にとらわれない②最善を尽くせ③率先避難者たれ」を教え、知識より「いざという時どういう態度を取るか」を徹底して指導した
 震災時、中学校では「校舎の3階へ」と指導。しかし生徒達は「それ以上の津波が来たらどうしようもない。高台へ」と率先して動いた。保育園とも合流、お年寄りも助けながら高台の福祉施設に着いたが、「まだ上へ行ける。片田先生はできることは全部やれと言った。行こう」と生徒達はさらに上を目指す。結果的に津波は校舎にも福祉施設にも到達。最も高い所へ逃げた3000人はほぼ全員助かった。講演では住民提供の写真も紹介。青い体操服で逃げる中学生達の姿が映っていた。実際に見ると胸に迫るものがあり、「よく逃げてくれた」と涙が出そうになった
 「ぼくが釜石の奇跡を起こしたわけではない」と片田教授は言われたが、子ども達との間に信頼があったからこそ教えが心に刻まれ、「先生がいつも言っていたのは今だ」と即座に行動できたのではないか。環境を育むのは人である
 子どもたちは防災教育としてお年寄りにも働きかけた。「地震の時は逃げるのを手伝う」という子どもたちに、お年寄りは「来てもらわなくてもいいようにしっかりしなきゃ」と歩く練習を始めたという。片田教授は釜石市の犠牲者の人数を述べ、「釜石のおじいちゃんおばあちゃんが子ども達を守ってくれたような気がする」と言われた。それは理屈ではなく、真実だろうと思う。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る