全国アート&デザインコンペ 山口さんが大賞

 大阪成蹊大学芸術学部などが主催する第6回全国アート&デザインコンペティションで、紀央館高校美術部の山口栞奈さん(3年)が最高の大阪成蹊芸術大賞に選ばれた。昨年冬に入部し、初めての作品ながら抜群のセンスが光り、西日本を中心に全国から1000点以上の応募があるハイレベルのコンペで見事栄冠を手にした。
 コンペは豪華な副賞などで出品数が多く、例年ハイレベルな内容になっている。高校生の部は「グラフィックデザイン・イラストレーション」「マンガ・アニメーション」「写真」「ファッション・インテリア・プロダクトデザイン」「美術・工芸」の5部門。今回は5部門に1118点の応募があり、大賞1点、準大賞1点、毎日新聞社賞1点と各部門に金賞を1点ずつ選んだ。
 「グラフィックデザイン・イラストレーション」で出品した山口さんの作品「鴉鳥絵(あとりえ)」は、F50号(116×91㌢)のキャンバスに鳥やポット、ビンなど、さまざまなオブジェをランダムに並べ、独自の感性で色や模様を描いた。オブジェは美術室にあった物で、模様も身近にあるものなどから見つけて描いた。色は和をイメージした抹茶の緑をベースに、黄や赤、青などカラフルに仕上げた。タイトルは、「アトリエ」とオブジェに鴉(からす)などの鳥があることから、鴉鳥絵の字を当てた。
 これまで美術の経験はなし。昨年冬に友人が所属していた美術部の部室を訪れた際、顧問から声をかけられ作品作りを開始。以後、ことし10月まで少しずつ取り組み完成させた。初の作品での栄冠に「細かい部分が大変でした。初めての作品で自信もなかったのですが、大賞に選ばれたことにびっくりしています」と驚いている。3年生で、すでにクラブ活動は終わっており、最初で最後の作品となった。
 同校美術部からは岡田奈津実さん(3年)が美術・工芸部門で昨年に続き2回目の金賞を受賞。2人の受賞で紀央館が優秀学校賞にも選ばれた。
 受賞作品は今月19日から12月4日まで同大で展示される。

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る