全国アート&デザインコンペ 山口さんが大賞

 大阪成蹊大学芸術学部などが主催する第6回全国アート&デザインコンペティションで、紀央館高校美術部の山口栞奈さん(3年)が最高の大阪成蹊芸術大賞に選ばれた。昨年冬に入部し、初めての作品ながら抜群のセンスが光り、西日本を中心に全国から1000点以上の応募があるハイレベルのコンペで見事栄冠を手にした。
 コンペは豪華な副賞などで出品数が多く、例年ハイレベルな内容になっている。高校生の部は「グラフィックデザイン・イラストレーション」「マンガ・アニメーション」「写真」「ファッション・インテリア・プロダクトデザイン」「美術・工芸」の5部門。今回は5部門に1118点の応募があり、大賞1点、準大賞1点、毎日新聞社賞1点と各部門に金賞を1点ずつ選んだ。
 「グラフィックデザイン・イラストレーション」で出品した山口さんの作品「鴉鳥絵(あとりえ)」は、F50号(116×91㌢)のキャンバスに鳥やポット、ビンなど、さまざまなオブジェをランダムに並べ、独自の感性で色や模様を描いた。オブジェは美術室にあった物で、模様も身近にあるものなどから見つけて描いた。色は和をイメージした抹茶の緑をベースに、黄や赤、青などカラフルに仕上げた。タイトルは、「アトリエ」とオブジェに鴉(からす)などの鳥があることから、鴉鳥絵の字を当てた。
 これまで美術の経験はなし。昨年冬に友人が所属していた美術部の部室を訪れた際、顧問から声をかけられ作品作りを開始。以後、ことし10月まで少しずつ取り組み完成させた。初の作品での栄冠に「細かい部分が大変でした。初めての作品で自信もなかったのですが、大賞に選ばれたことにびっくりしています」と驚いている。3年生で、すでにクラブ活動は終わっており、最初で最後の作品となった。
 同校美術部からは岡田奈津実さん(3年)が美術・工芸部門で昨年に続き2回目の金賞を受賞。2人の受賞で紀央館が優秀学校賞にも選ばれた。
 受賞作品は今月19日から12月4日まで同大で展示される。

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る