責任者出てこい!

 二十数年前、アミューズメント施設で3年間、アルバイトをした。ボウリング場、ゲームセンター、書店、CD等のショップ、レストランなどがあり、レストランのホールスタッフをしていた。早朝3時までの仕事だが、一番厄介だったのは食事に異物が混入した時の対応。飲食店ではどんなに気をつけていても髪の毛などが混入する場合がある。大抵のトラブルはオーダーの品をあらためて提供すれば許してもらえたが、なかには「責任者呼んでこい」と怒鳴り散らされ、どうにもならないことも。施設内では50人以上が働いていたが、ほとんどがアルバイト。責任者はわずか数人の社員であったが、レストランから呼び出しがかかるとすぐに問題解決に当たっていた。
 東京都中央区、築地市場の移転先となる江東区、豊洲市場。建物の下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で、もう1カ月以上も大揺れになっている。今月1日には小池百合子都知事が第2回の検証報告書を公表。2011年に市場長を務めていた副知事など実務上の決定者8人が懲戒処分対象であることを明らかにしたというが、盛り土しないことの発案者を特定することはできなかったらしい。「責任者出てこい」と都民は怒り爆発も、関係した人たちはほぼ知らん顔。普通の感覚ではありえない話だ。
 税金を使い、また給料としてもらって仕事をする公務員。誰が、どのような決定を下したかの「責任」の所在がブラックボックスの中というのが、豊洲移転で浮き彫りになった大きな問題と思う。「責任感」なく仕事しているから、トラブルの際にも「責任」を取ろうとする人が現れないのだろうか。これではアルバイト先の社員の方がずっと立派だ。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る