「釜石の奇跡」の片田教授が美浜で講演

 県、県教育委員会、美浜町主催の平成28年度津波防災講演会は3日、美浜町吉原の松洋中学校で開催。東日本大震災の「釜石の奇跡」の立役者、群馬大学大学院理工学府教授の片田敏孝氏が「巨大津波想定に向かい合う~和歌山県の地域防災教育を考える~」をテーマに語った。片田教授は、「巨大想定の数字に必要以上におびえず、できることを精いっぱいやっていざという時にしっかり逃げることのできる子を育てよう」と災害への心構えを訴えた。
 冒頭では、仁坂吉伸知事がことしから始まった「世界津波の日」に触れてあいさつ。地元の森下誠史町長のあいさつに続き、自民党幹事長で「津波の日」制定を提唱した二階俊博代議士のビデオレターが紹介された。
 片田教授は、東日本大震災時に小中学生3000人のほぼ100%が助かった「釜石の奇跡」を、それまでの防災教育によって導き出した人物として知られる。今回の講演では、内閣府の津波の新想定について「美浜町は18分後に高さ18㍍の津波が到達するという想定だが、『もうあかん』としょぼくれる必要はない。これは1000年に1度という規模の地震が起こった場合の想定で、次の地震でこんな津波がくるという意味ではない。数字を必要以上に恐れずあなどらず凛として向き合い、今できることを精いっぱいやって『きょう起こっても大丈夫』と思えるぐらいの心構えを」と災害に対する姿勢を訴えた。
釜石の奇跡について「成功例のように語られるが、実は釜石市では直接の犠牲者993人、関連死105人、行方不明者152人という被害が出ている。自然は恵みも災いももたらす存在。『こんな恐ろしいことが起こるかもしれない町だ』と子どもたちを脅す防災教育でなく、ふるさとに誇りを持って生き、ことが起こった時には『津波なんかに負けるか』としっかり逃げて自分の命を守れる、そういう知恵を持った子を育む環境が必要。自分の命をまず守ること。自分が率先して逃げることで他の人も逃げる」と強調。「釜石市で実践したのは『脅し』でも『知識』でもなく、『姿勢』の防災教育。知識があっても、主体的に動く姿勢が育っていなければ正しく動けない。釜石の子どもたちはすぐ逃げるという姿勢を身につけたおかげで、助けられる人から助ける人になれた」と、中学生達が途中の施設で踏みとどまらず、保育園児やお年寄りも助けながら最も高い土地まで逃げ切った当時の状況を説明。「人を思い合う、そんな地域をつくっていくことが防災」と話した。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る