みなべの清川天宝神社で秋祭り

 みなべ町清川、清川天宝神社(岡本俊彦宮司)で30日に秋祭りが行われ、大勢の見物人でにぎわった。クライマックスは境内で奉納される各地区の獅子舞。県指定文化財になっている名之内の獅子が「幣の舞」や「剣の舞」などを舞い、会場からは大きな拍手と歓声が上がっていた。
 午前中は五穀豊穣を願って神事が行われ、午後からは神輿渡御。参道には各地区の祭具が列をなし、最後は大川、木の川、軽井川、名之内の順に宮入り。本殿前で獅子舞を奉納した。中でも注目を集めたのが県文化財の名之内の獅子舞。「幣の舞」「乱獅子」「剣の舞」が披露され、着物姿の獅子、体を震わせるように舞う獅子、真剣を手にした獅子が登場し、それぞれ奉納が終了するたびに若中らが「オー」と大きな雄叫びを上げた。見物人らはカメラで撮影するなど熱心に見入っていた。
 名之内の獅子舞は伊勢大神楽の系統を県内の北限として受け継いでいる。明治以降、何度か消滅の危機があったが、地域の人々の熱意で復活した。笛・太鼓に合わせて、道中・幣の舞・乱獅子・剣の舞の四曲三舞を2人で舞う勇壮華麗な獅子舞。昭和51年3月に県指定無形民俗文化財に指定された。
 大川地区の獅子舞の奉納では、祭りが大好きな小学生、井口脩大君(上南部小3年)と串野魁斗君(清川小5年)の2人が手づくりの獅子で笛や太鼓に合わせて舞った。法被に足袋をはいた勇ましい姿で登場し、観衆らは笑顔で見守っていた。井口君は4年前から自前の獅子で参加。昨年から串野君と一緒に参加している。

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る