印南まちづくり基金 5団体に助成金

 公益財団法人わかやま地元力応援基金(有井安仁代表理事、和歌山市)は26日、印南町役場で「印南まちづくり基金」の助成金贈呈式を行い、事業採択を受けた5団体に目録書を手渡した。
 印南まちづくり基金は「㈱PLUS SOCIAL」(深尾昌峰代表、京都市)が町内で行っているソーラー発電で得た売電利益を中心に積み立てられた助成金。自然環境、文化保全、社会福祉、産業振興、教育活動といった「まちのほっとけない」に取り組む団体を助成している。今回で3回目。選考で応募があった「妙見さんを後世に伝える会」「切目王子跡社殿保存修理委員会」「ふるさとの昔を学ぶ会」「印南町食生活改善推進協議会」「印南町商工会青年部」の全5団体への助成が決まった。
 贈呈式では有井代表理事らがそれぞれの活動に期待を込め、選考会議長の古谷正信副町長が講評。評議員の津村周さんが各団体の代表者らに贈呈した。助成額は1団体につき20万円以下。妙見さんを後世に伝える会は高串地区と「妙見さん」にまつわる歴史や文化財の伝承、切目王子跡社殿保存修理委員会は切目神社を中心とした周辺の観光情報ホームページの作成、ふるさとの昔を学ぶ会は切目懐紙のプレート設置、印南町食生活改善推進協議会は減塩による町民の健康づくり、印南町商工会青年部は次世代健全育成やサンタクロース代行に活用していくという。
 贈呈式のあと第1回の2014年度、第2回の2015年度に助成を受けた団体が実績を報告。交流会として情報交換を行った。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナ終息の願いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る