船酔い対策には薬の準備を

 先日、比井崎漁協のナマコ育成の取材で漁船に乗せてもらった。もともと自分の船酔いが激しいのは分かっていたが、「短い時間なので大丈夫」とたかをくくって乗船。しかし、ものの5分もしないうちに頭がフラフラ、そして少しずつ高まっていく吐き気。乗り物酔いする人は理解してくれるだろうが、この苦しさは何とも言い難い。ひと通り取材が終わって、関係者にご無理を言って下船させてもらったが、思わずトイレに駆け込みおう吐。この日は夜寝るまでずっと気持ち悪さが続いた。全く情けない話だ。
 この機会にインターネットで酔い止めの対策をいろいろ調べてみた。飲み薬は効果的で、大型客船だと注射を打ってくれたりもするが、中には全く効かない人もいるそうだ。下を見ずに遠くを見るというのもいいらしいが、個人的にはいま一つ。海外では体に張る「船酔いパッチ」なるものがあるが、取り扱いが難しいため日本では販売されていないのが残念。ちなみに筆者の経験からすると、「船酔いになる前に酔っておけ」。つまり、乗船前にすでにビールなどでほろ酔いになっておくのである。個人差があるのでおススメはしないが、恐らくアルコールで船酔いの原因となる「三半規管」がマヒするのだと思う。ただ、ほろ酔いではなく、二日酔いの状態で船に乗ると、気持ち悪さが激増するので要注意。あと、少々強引だが、「慣れるまで耐えろ」というのがあり、何回か乗っているうちに船酔いしなくなるらしいが、そこまで耐える自信はない。
 いずれにしても実は筆者、酔い止めの薬がよく効く。要するに今回の船酔いは自分の準備不足が招いた結果。何につけても備えあれば憂いなしである。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. お年寄りはどこがいい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る