日本ジュニア陸上ハンマー投 桑原さんが銅メダル

 日本陸上競技連盟主催のJОCジュニアオリンピックカップ第32回日本ジュニア陸上競技選手権大会は21日から23日までの3日間、名古屋市・パロマ瑞穂スタジアムであり、女子ハンマー投げで日高高3年の桑原翠さん(18)=美浜町吉原=が自身の和歌山高校記録を大幅に更新する55㍍57をマークして3位入賞。昨秋の紀の国わかやま国体3位入賞から2度の故障を乗り越え、高校生活最後の大舞台で見事再起を告げる銅メダルを獲得した。
 高校生と大学1年生が対象の大会。女子ハンマー投げは22日に行われ、桑原さんは6投のうち1投目に54㍍23の自己新をマーク。さらに5投目に決勝記録の55㍍57をたたき出し、3位入賞を決めた。
 5投目は直前に同じ高校生のライバルに1投目の記録を上回られ、「負けたくない。絶対に抜き返す」と気合十分に臨み、「スピードがあってフォームもばっちり決まった。感触はよくなかったけど、思ったより距離が伸びました」と自身が春に樹立した県高校記録を3㍍54も更新する渾身の一投を振り返った。上位2選手はいずれも大学生。トップとは63㌢差で、高校生では1位の成績となった。
 わかやま国体後、冬場は左ひざの故障に苦しめられ、ことしは春に県高校記録を更新したあと夏前から左肩の故障で2カ月間ほどハンマーを投げられなかった。2度目の故障の間に左肩以外の筋力を鍛え直し、パワーアップに成功。秋口から本格的な練習を再開し、大一番を迎えた。
 この日も左肩はテーピングで固めたまま出場も、1週間ほど前から練習で54㍍ほどの記録が出るようになり、自信を取り戻すとともに手応えもつかんでいた。「調子は上向き」と感じていたからこそ、ライバルに逆転されたあとも冷静さを失わず、会心の一投につなげた。
 高校卒業後、大学に進学して競技を続けるという桑原さん。「わかやま国体で負けた(1学年上の)2人に、この大会でも勝てなかったので悔しい。この借りは大学で返したいです」と一層の飛躍を期している。残りの高校生活では各種競技会などでもう一歩に迫った日本高校記録(56㍍84)の更新へチャレンジを続け、将来は「大学生で日本一、それに東京オリンピックとか国際大会に出場するのが夢」と目を輝かせている。

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る