みなべ町が学力調査結果を公表

 みなべ町教委は21日、4月に実施された「全国学力・学習状況調査」の結果をホームページで公表した。学校別ではなく町全体としての結果。試験は国語、算数(数学)の2教科で、それぞれ基本問題の「A」と活用問題の「B」がある。同町の小学生は算数A、中学生は数学Aと数学Bで全国平均を上回ったが、中学生の国語についてはA以外は県と全国を下回った。
 小学生は6年生、中学生は3年生を対象に実施。小学生でみると、国語Aの正解率は69%(県70%、全国73%)、国語Bは56%(県56%、全国58%)。算数Aは80%(県77%、全国78%)、算数Bは45%(県46%、全国47%)だった。国語に関しては「B」で県平均と同じだったが、それ以外では県や全国よりも低かった。算数では「A」が県と全国平均を上回った。
 中学生では国語Aは75%(県74%、全国76%)、国語Bは63%(県63%、全国67%)、数学Aは67%(県62%、全国62%)、数学Bは45%(県43%、全国44%)。全国平均と比べると、国語に関してはAが県を上回りBが並んだが、ABとも全国平均を下回り、数学はいずれも上回った。
 質問による調査で「ふだんどのくらい勉強しますか」の設問では小学校の平日の「1時間以上」は51%で全国の63%より12ポイントも低かった。「1時間未満」の回答は同町で47%、全国で35%だった。中学校の平日で「1時間以上」は62%。全国の68%よりも低く、「1時間未満」では同町が35%、全国が27%の結果となった。
 教委は「小学校、中学校ともに国語に大きな課題が見受けられた。本年度から各小学校に導入された学校司書の活動を通じ、学力の基礎となる読書活動を進めていきたい。家庭でのゲームやネットに費やす時間も児童・生徒・保護者に呼びかけ、学習時間を確保できる過ごし方を啓発していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る