舞妃蓮のテキサス分根計画が前進

 アメリカ・テキサス州の州都オースチンのジャパニーズガーデンにかつて咲き誇っていた御坊生まれの舞妃蓮を復活させようと、御坊市の阪本尚生さんらが取り組んでいる計画が、大きく前進した。アメリカへ分根するためには厳しい検疫を受ける必要があるが、ことし9月、米国農務省植物保護検疫局がレンコンの輸入を許可。最大の難関を通過できる見通しが立ったことで、来春にも分根手続きを進める。
 州都オースチンの13㌶もの広大な敷地を誇るジルカー植物園の中にあるジャパニーズガーデンは、和歌山県紀北地方出身で、同州に移住した造園技師の故谷口勇氏が自費を投じて昭和44年に整備した。「イサム・タニグチ日本庭園」とも呼ばれている。
 谷口さんが一時帰国したときに、故阪本祐二氏が昭和41年に大賀ハスと王子ハス(アメリカ黄バスの一種)をかけ合わせて舞妃蓮を誕生させたことをラジオ放送を通じて知り、分根を依頼。阪本氏は快諾し、昭和44年に舞妃蓮と大賀ハスを送り、ジャパニーズガーデンで見事な大輪を咲かせた。谷口氏はその後亡くなり、池は残ったが、ハスなどはすべてなくなった。
 ジャパニーズガーデンが3年後に50周年を迎えるのを前に、テキサスに留学経験があり、現在はNPO法人IMAGINEの理事を務める釘宮公一さん(大阪)を中心とした日本人有志がハスを復活させようと計画。舞妃蓮が御坊生まれだと知り、半世紀の時を超えて阪本氏の長男・尚生さんに分根依頼があり、舞妃蓮と大賀ハスのレンコンを送ることになった。
 そこでネックとなるのが検疫。生態系への影響などから植物の輸出入には厳しい検疫があり、今回もスムーズに分根できるかが心配されていた。今回、アメリカの検疫局が輸入許可を出したことは分根実現への大きな前進となる。
 尚生さんは「これからまださまざまな手続きがあるが、輸入許可が出たことは大きな一歩で、ほっとしている。来年春にもアメリカへ送る手続きをしたい」と胸を躍らせ、「無事送れても、テキサスの気候等の環境でどれだけ順調に生育できるかは、やってみないと分からない。50周年には、見事に美しい花を咲かせてくれることを期待しています」と願いを込めて話している。

関連記事

フォトニュース

  1. より安全、快適になりました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る