世界農業遺産推進協 中国で梅の販路拡大調査

 みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会(会長・小谷芳正町長)は14・15日に中国の上海などを訪れ、梅の販路拡大調査を行った。15日には同地で開催された女性向けイベント「ウーマンエキスポ上海」で小谷会長がプレゼンを行い、梅の機能性などをPRした。小谷会長は「梅が健康や美容に役立つことを普及させることが大切で、そうすれば消費拡大につながる可能性はある」と話した。
 昨年12月に世界農業遺産に登録された「みなべ・田辺の梅システム」を活用し、梅製品を海外市場に販路を開拓するための現地調査。小谷会長のほか、みなべ町と田辺市の職員4人、梅加工業の梅吉食品㈱千里庵(山内)、南紀梅干㈱(晩稲)、河本食品㈱(気佐藤)、㈱紅梅園(田辺市)の4社からも7人参加した。
 初日は安徽省(あんきしょう)にある梅加工会社「溜溜果園(りゅうりゅうかえん)」を訪問し、大規模な加工施設を見学。同社から「年間10万㌧の梅を製品にしている」などという説明を受けた。県内の梅の年間生産量6万㌧程度を上回る量で、製品は砂糖漬けにした菓子製品が主。日本のような、ご飯と一緒に食べる塩漬けした梅干しは製造していないという。
 2日目には女性らが中心に来場する「ウーマンエキスポ上海」でPR活動を展開。小谷町長は溜溜果園の楊帆社長と一緒にプレゼンテーションを実施し、「梅は特別な樹木。遠く唐の時代に中国から伝わり、梅の文化を学んだ。みなべ・田辺地区では南高梅という日本で生まれた梅を栽培し、日本一の梅の里として知られている。南高梅は実が大きく果肉がたっぷりで、日本で最高ランクに位置づけられている。昨年には環境と調和した農業システムが世界農業遺産にも認定された」などとアピールした。会場では、梅の機能性や梅システムの概要などを中国語で書いたチラシを来場者に配布した。このあと上海高島屋を訪問。マネージングディレクターの小森智明さんの案内で日本食材の売り場コーナーを見て回り、中国の経済状況や食文化などについて説明を受けた。小谷会長は「中国でも健康や美容への関心は高い。健康食の梅とどう結び付けるかがが重要で、消費が拡大する余地はある。塩漬けの梅干しはダメなようなので、加工する方法を検討することも大切」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る