なかなかイケる酒かす漬け

 朝夕が寒くなり、早くも毛布を出した。こんな時は鍋を囲んで一杯やるのが格別。ちなみに自宅で水炊きをした場合は、普通にポン酢で食べるが、実は翌朝に残った鍋をポン酢など使わずにそのまま食べるのもお気に入り。具材はがすがすになっているが、その透明なスープは野菜の甘みや肉の旨みがじっくりと溶け出し、口の中で何とも言えないハーモニーを奏でてくれる。
 一応、筆者もそんな繊細な舌を持っているような素振りをしながら本題に入ると、先日、由良町水産加工研究協議会が行った魚の酒かす漬け試食会を取材。町内の旅館や料理店などがタイ、イサキ、サバにみそ、みりん、砂糖などの調味料を使って試作、改良した4種類の酒かす漬けが持ち寄られ、焼いた品をそれぞれ食べ比べた。筆者もご賞味に預かったところ、感想として「十分においしい」と思った。酒かすが多い一品は酒の風味が、ガツンと来る感じ。みそを混ぜて漬け込んだのはまろやかで、甘目に仕上げているのは、子ども向きでもある。それぞれに味わい深く、どれが一番おいしいかと言われると難しい。
 同協議会では、漬け込む期間を長くするなど、今後も改良を重ねていく予定だが、将来的に酒かす漬けを商品化する場合に、どんな味に統一していくのかも大きな課題となってくる。酒のアテに出すなら少々酒かすの風味が強い方がいいだろうし、朝ご飯のお供にするなら、みそやみりんでまろやかに仕上げた方が合いそう。つまり、一番いいのは複数の味で商品化することで、多様なニーズにも応えられる。まだ気が早いかもしれないが、一度、そういったコスト計算をしてもいいのではないだろうか。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る