独立美術協会展で阪本さんが入賞

 全国的な美術団体、独立美術協会の第84回独立展は、24日まで東京六本木の新国立美術館で開催。日高地方から、御坊市藤田町吉田の阪本聡さん(52)が2点の作品でTJ賞を受賞した。後援企業ターレンスジャパンの名を冠した、上位7番目の賞。昨年よりランクアップした。「今後も、最高の独立賞を目指して精進していきたい」と意欲的に話している。
 同協会は昭和元年に佐伯祐三らによって創立された歴史ある団体。美術展には毎年全国から約2000点が寄せられる。正会員は150人。審査は全会員の挙手によって行われる。 
 阪本さんは現在みはま養護学校教頭を務める傍ら、地元の白玄会に所属して制作に励んでいる。日高高校時代は美術部に所属し、同協会正会員の有本弘さん(日高町)に指導を受けた。九州産業大学芸術学部美術学科に進み、卒業時に学部長賞(卒業制作買い上げ賞)を受賞。平成21年に同展新人賞、翌22年に佳作賞を受け、準会員となった。昨年は奨励賞を受けており、今回は4度目の入賞。受賞作品は「WORK’16―6」「WORK’16―7」の2点で、いずれもアクリル樹脂を使った混合技法の抽象画。作品について「昔から物が朽ちていく、さびていくなど時間経過が及ぼす現象に関心があった。物が移動していなくても、そこには『動き』がある。絵という一つの空間の中で『動き』や『広がり』を表現することを試みており、見る人の印象を限定せず無限の可能性を持つ抽象画という方法に取り組んできた」と話している。受賞について「昨日の自分ときょうの自分が違うように、ここで100%完成ということはない。経験が蓄積していく中で今の自分をより高め、レベルアップさせて来年の美術展にも臨みたい。独立賞を受賞できるよう頑張っていく」と話している。
 東京での会期後には各地で巡回展を開き、大阪展は11月8日から13日まで大阪市天王寺区の大阪市立美術館で開かれる。
201610阪本さん作品1.jpg
入賞作品の一つ「WORK’ 16―6」
20161015 1.jpg 
阪本さん

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る