来季の活躍に期待

 秋季近畿地区高校野球大会県2次予選は、和歌山東が初優勝した。来春のセンバツ出場校を選ぶ際の重要な参考資料となる近畿出場権をかけた大会。地元勢は日高が初戦で智弁和歌山に敗れ、平成13年南部以来のセンバツ出場は絶望的となった。
 県2次予選の準優勝は高野山、3位は智弁和歌山。これまで圧倒的な強さを誇ってきた智弁和歌山は準決勝で高野山に思わぬ大敗を喫した。ここ数年、和歌山東の台頭をはじめ、市和歌山や箕島などの古豪が復活。二十数年前に夏の甲子園に出場している高野山も秋は上位の常連になってきている。明らかに県内高校野球の様相が変わってきており、この県2次予選もその通りの結果が出たように思う。
 入社(平成8年)した頃、地元勢は夏も秋も常に上位争いに加わっていた。夏は平成11年から16年までの6年連続準優勝(11~13年南部、14年日高中津、15年国際開洋二、16年日高)などがあり、センバツは平成9年に日高中津が出場した。近年、地元勢の秋季大会は成績も芳しくなく、高校野球ファンにとっては寂しい限り。特にことしの秋は県内で近畿大会が開催され、出場枠が県内から3校だっただけに残念だった。
 この秋を振り返ると、好投手がいる日高は打線が力をつければ楽しみ。惜しくも県2次予選出場を逃した日高中津は攻守にまとまりがあり、個々のレベルが上がれば十分に秋の上位校と渡り合えそうだ。その他の地元校も冬場の練習しだいで夏の甲子園は夢ではない。
 今夏、8強入りした和歌山高専も南部も前年の秋は振るわなかった。来シーズンが始まるのは来年の3月で、いまから5カ月も先。一冬越え、あっと驚く成長を見られるのを期待している。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. あ、い、う、え、お

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る