時代は変われど転がり続けて

 いまから25年前、桑田佳祐が「アコースティックレボリューション」という全曲洋楽カバーの伝説のライブを行い、ボブ・ディランの「時代は変わる」と「風に吹かれて」をうたった。
 ビートルズやクラプトン、ツェッペリンなどに続き、「反戦歌っていう言い方は好きじゃねえんだけど、(湾岸戦争など最近の出来事に)ちょっと感じるところもあって」「日本人のアイデンティティはどこへいったんだぁ…」と笑うMCは、四半世紀が過ぎたいまも響く。
 そんな桑田は海外のロックにかぶれ、子どものころに聴いた日本の昭和歌謡を心から愛しつつも、「フォークソングは大嫌いだった」らしい。しかし、「和製ボブ・ディラン」と呼ばれた吉田拓郎だけは好きで聴いていたという。
 60年代から70年代にかけて、日本は政治と経済、輸入ものの流行も目まぐるしく、音楽の世界にもさまざまなスターが登場した。もじゃもじゃ頭でギターをかき鳴らし、叫ぶようにうたう拓郎は多くの若者の心をつかみ、桑田はスタイルよりも音楽づくりに刺激を受けた。
 31年前のサザンオールスターズのアルバム「KAMAKURA」には、当時、ライブ引退を宣言した拓郎への応援歌が収録されている。静かなメロディーも桑田の詞は激烈で、消えようとする憧れに対する憎しみのような悲しみ、愛憎半ばの想いがうたわれている。
 人生の価値は,どれだけ多くの人に影響を与えたかで決まるという人もいる。世界中の同世代に衝撃を与え、75歳となったいまなお第一線を走り、転がり続けるボブ・ディランにとっては、ノーベル賞など本気でどうでもいいのかもしれない. (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る