御坊市の中町に寺内町会館オープン

 御坊市の魅力発信事業の一環で中町2丁目に12日、「寺内町会館」がオープンした。JA紀州の旧御坊支所の1階を改装し、展示スペースには四ツ太鼓や屋台など御坊祭の道具を並べているほか、御坊名誉市民第1号で昭和39年東京オリンピック誘致に尽力した故和田勇氏の資料館も設けている。年々増えている寺内町への観光客に、御坊の魅力をアピールする拠点として人気を呼びそうだ。
 魅力発信事業は御坊市のまち・ひと・しごと総合戦略に盛り込まれており、御坊のよさを内外に発信する拠点を整備しようと本年度、市が御坊商工会議所に事業を委託。商議所では日高別院と小竹八幡神社を結ぶ中町2丁目の旧JA御坊支所を活用して展示スペースにしようと企画。JAの協力を得て1階約145平方㍍を改装して今回、寺内町会館として新たなスタートを切った。
 展示スペース、事務室、和田勇資料館、トイレを整備。展示スペースには会館の地元である御坊町の四ツ太鼓、屋台、笠鉾、乗り子や鬼の衣装を並べている。いつ来ても御坊祭に触れられるようにしており、今後は他の組の協力を得て定期的に展示物を変えていくことにしている。和田勇資料館には、御坊ロータリークラブの協力で勲章や東京五輪の制服など和田氏の遺品がずらり。これまで和田氏の資料を公開する場はなく、今回は初の展示室となる。このほか御坊の観光パンフレットなども多数用意しており、観光客に気軽に立ち寄ってもらい、魅力をPRする場として活躍する。
 オープニングセレモニーでは吉田擴御坊商議所会頭、柏木征夫市長、西本和明市議会議長、久保秀夫JA紀州組合長が玄関でテープカットした。吉田会頭は「御坊祭のパネルやDVDも観賞してもらえる。内外に御坊の魅力を伝え、地域活性化の一翼を担う施設にしていきたい」と決意新た。柏木市長は「普段見られないものが見られるのは意義深い。オープンを機にPRに努めたい」、西本議長も「御坊をもっと知ってもらえる場になる」と期待を込めた。
 毎週火、木、土、日、祝日の午前10時から午後3時まで開館。ひとりが常駐し案内する。入館料は無料。来年3月末までは市の委託を受けて商議所が運営、4月以降は商議所が単独で運営する。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナ終息の願いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る