博愛会30周年 舞の海さんが講演

 日高地方で高齢者福祉に取り組んでいる社会福祉法人博愛会(小林隆弘理事長)は10日、御坊市民文化会館大ホールで設立30周年を記念した講演会を開催。元小結でNHK大相撲解説者の舞の海秀平さんが「可能性への挑戦」で体験談等を披露した。
 舞の海さんは、テレビの解説では話せない〝本音〟をユーモアたっぷりに話して笑いを誘ったほか、義理人情や力士同士の心と心のやりとりなど関取経験者ならではの視点で相撲の魅力を説明し、会場いっぱいの観衆の心をひきつけた。大学相撲部の卒業前に後輩が突然死したことがきっかけで一度の人生をどう生きるべきか考え、一番やりたいこととして角界入りを志したこと、当時の新弟子検査では身長173㌢必要だったが、169㌢しかなく一度は不合格となったこと、美容外科で1カ月かけて頭にシリコンを入れて2度目の検査で合格した苦労話を紹介。巨漢ぞろいのハワイ勢との取組のエピソードなど無我夢中だった9年余の現役生活を振り返った上で「何かに挑戦するときは、犠牲にしなければならないこともあるが、必ず何かの形で自分に戻ってきて力になる」と力を込め、「失敗してもくよくよと悩まない方がいい。わたしは真面目で素直ではなく、へそ曲がりだったのでやってこれた。皆さんもその日その日を笑えるように毎日を送りましょう」と話し、大きな拍手に包まれた。
 講演前には功労者や永年勤続表彰、御坊市出身の歌手髙橋樺子さんのミニコンサートもあり、にぎわった。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る