学生交流で全国発信

 由良町とふるさと協定を締結している摂南大学が、産学連携ツーリズムセミナーで同町の観光をテーマに研究発表を行い、見事優秀賞に輝いた。全国の大学53校から選ばれた栄誉。同大学の学生が現地調査などを基に、由良の観光について研究してくれていること自体、まちの観光振興につながる話だが、さらにツーリズムセミナーのような全国舞台で発表してくれることは、由良のPRにも大きく貢献した。
 日高地方では近年、学生らの協力を得た地域活性化や観光の取り組みが増えている。先日、日高町では徳本上人のまちづくり、美浜町ではまちの魅力づくりで、それぞれ和歌山大学の学生から提言やアイデアを聞いた。こういった若い学生たちの柔軟なアイデアや行動力には大いに期待しているところ。学生たちにとっても地域住民と触れ合ったり、他の地域の現状を学んだりすることは、プラスになる面も多く、今後の勉強や社会生活に役立っていくのではないだろうか。
 また、先日の取り組みで由良や美浜町などを訪問した学生の中に、地元出身者はいなかったが、外部の視点だからこそ率直な意見が多く、地元住民では気付かなかったことも指摘してくれる。そして、実は学生がこちらの地域のことを学んでくれることが、その地域のPRにもなる。取材をして学生から聞くのは、「こんな素晴らしいまちだと初めて知りました。今度、あらためて来たいです」などの声。いまの学生たちはSNSも当然のように利用。彼、彼女らに気に入ってもらえれば、それが全国発信にもつながる。そんな外部との学生との交流は、ぜひ今後も継続してほしいものである。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る