御坊祭 台風の影響なくにぎわう

 日高地方最大の秋祭り、御坊市の小竹八幡神社秋季祭礼「御坊祭」が4日宵宮、5日本祭りで行われた。5日は台風18号の接近で祭礼行事の中止が心配されていたが、一時的な雨はあったものの大きな影響はなく、宮入りでは若衆の熱気が最高潮。太鼓や笛の音色、若衆の力強い掛け声が響く中、四ツ太鼓を高々と持ち上げる「サイテクリョー」や幟差しでパワーを爆発させた。
 台風の進路によっては宮入りなどを中止することも検討されていたが、幸い大きな影響はなく、台風をも吹き飛ばすかのような若衆の熱気にあふれ、「人を見たけりゃ御坊祭」にふさわしいにぎわいとなった。暴風警報の発令もあり、各組とも持ち時間を守り、予定時間内に終わるなど進行もスムーズだった。
 本祭りは午前9時前にお渡りに出発。浜ノ瀬の御旅所で雀踊りを奉納した。宮入りは午後3時、中組からスタート。幟差しでは、各組とも力自慢が五反、三反幟を軽々と差し、5本の幟を息を合わせて左右にはいたり、円を描くような鮮やかな動きも披露され、観衆を魅了した。四ツ太鼓を担いだ若衆は「サイテクリョー」「ホーエンヤッ」などの勇ましい掛け声を響かせ、四ツ太鼓を激しく揺らしたり持ち上げるなどして熱気ムンムン。隈(くま)取りを施した乗り子たちも太鼓を打ち鳴らし、サイテクリョーでは背中を反らせて晴れ舞台を飾っていた。
 境内では獅子舞が奉納され、笛や太鼓の音色に合わせた華麗で力強い舞いに見物人からは拍手や「ええぞ」などの声援も飛んでいた。夜になるにつれて見物人はますます増え、鳥居前は身動きが取れないほどの人だかり。幟や屋台が境内から出ると、「来年の~、来年の~、な~ごりな~ごり惜~しやな」と声を張り上げ、熱気に包まれていた。
 4日の宵宮は好天に恵まれ、午後からの宮入り、夜は18㍍道路で若連行事が行われ、盛り上がっていた。
 行司会の柚瀬清会長は「台風がそれてくれ、各組とも時間を守り、ゴミを拾うなど協力いただき、いい祭りができました」と喜んでいた。

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る