梅の郷救助隊が伊勢湾台風のつどいに参加

 民間災害ボランティア、紀州梅の郷救助隊(尾崎剛通隊長)は三重県桑名市で行われた「伊勢湾台風のつどい」に参加し、災害で亡くなった犠牲者の冥福を祈った。来場者には茶がゆや梅おにぎりも提供した。尾崎隊長は「災害の記憶を風化させず、若者たちに語り継ぐことが大事だと再認識した」と話した。
 伊勢湾台風は昭和34年9月26日に潮岬付近に上陸。東海地方を中心に大きな被害が出て、死者・行方不明者は約5000人、流出・全半壊家屋約16万戸となった。桑名市でも甚大な被害を被った。「つどい」は平成26年、台風被害から55年目を機に桑名市のボランティア団体「あかりプロジェクト桑名」が発起人となって始まった。紀州梅の郷救助隊は毎年参加している神戸市の「阪神淡路大震災1・17のつどい」を通じて「あかりプロジェクト桑名」と交流が深まり、初回からつどいに参加している。
 今回は隊員ら4人が訪れ、7升の米を炊いて梅おにぎり250個分を作った。茶がゆも300食分炊き出して配った。来場者からは「ことしも梅のおにぎり楽しみにしていました」「来年もまた来てね」などという声も聞かれた。つどいでは遺族ら約300人が集まり、桑名市長らがあいさつ。会場では竹筒の灯籠に灯をともし、犠牲者に黙祷をささげて冥福を祈った。尾崎隊長は「あかりプロジェクト桑名では、伊勢湾台風の経験を風化させないよう子どもたちに伝えていく活動なども行っている。こうした取り組みが、発生し得る災害から地域を守る力になる」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る