どんなたばこもマナー守って

 喫煙者には何かと肩身が狭い世の中。たばこを吸えない飲食店が増え、喫煙所が見つからないこともしょっちゅうある。しかし仕方がないこと。現代社会のルールのなかで楽しむしかないと思っている。たばこメーカー・フィリップモリスの「アイコス」、JT(日本たばこ産業)の「プルームテック」。「電子たばこ」と呼ばれるものの人気が高まっている。
 プルームテックはあまり見ないがアイコスは日高地方でもちらほら。筆者も1カ月ほど前から吸っている。アイコスは昨年発売された「ヒートスティック型たばこ」。たばこを電気加熱して燃やさない。いくつかあるメリットを紹介すると、まずは火を使わないため火事の心配がない(はず)。また、灰が舞い散ることがなく、灰皿をきれいにする手間も不要。臭いや煙(水蒸気)が少なく嫌がられることも減った気がする。そして何より紙巻きたばこと比べて有害物質が9割ほど削減されているそう。何十年先のことは分からないが、今は健康にマシだと信じている。
 だからと言って無害なわけではなく、喫煙を推奨するつもりはない。「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます」。たばこの箱には警告や注意が書かれている。吸わないに越したことはない。また、カットされているとはいえ副流煙はゼロではなく、周りへの配慮を欠かしてはならない。「ながらスマホ」と同じように危険がある「歩きたばこ」は厳禁。禁止されている場所や時間で吸うのはダメである。電子たばこも紙たばこも同じ、煙たがられないように喫煙はマナーを守って。 (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る