日高病院の岡井栄養技師長に厚労大臣表彰

 栄養改善等に功労のあった人をたたえる栄養関係功労者厚生労働大臣表彰の受賞者が決まり、県内からはただ1人、国保日高総合病院の栄養技師長岡井明美さん(59)=御坊市=が選ばれた。病院勤務の栄養士として30年以上にわたり、患者の食事指導、給食管理体制の整備に中心的役割を担い、糖尿病療養の分野では毎年、Ⅰ型糖尿病児のサマーキャンプの企画運営に携わって重症化予防に力を入れている。
 岡井さんは大学で栄養学を専攻し、卒業後、日高病院の栄養士として勤務。現在は患者の給食を作る栄養士、調理師ら33人(一部委託業者)が所属する栄養科の責任者として、患者の食事指導、給食管理体制の整備、栄養サポートチームで中心的役割を担い、医師や看護師ら他の職種と連携してチーム医療の推進に貢献している。
 日本糖尿病療養指導士、病態栄養認定管理栄養士、栄養サポートチーム専門療法士などの認定を受け、とくに食事療法が重要な糖尿病に関しては、日本糖尿病療養指導士認定機構、県糖尿病対策会議、県糖尿病協会などの役職も兼任。ことしで26回目を迎えたⅠ型糖尿病児のサマーキャンプではスタート時から企画運営に携わり、宿泊生活を通して低血糖時の補食、インシュリンの打ち方などを体験して学んでもらい、重症化の予防に力を注いでいる。
 地域包括ケアについては、日高地方の病院と老人介護保健施設、老人ホームなど医療以外の施設で働く栄養士とのネットワークづくりを進め、定期的な勉強会を開いてシームレスな栄養管理体制づくりを目標として取り組みを進めている。
 今回の大臣表彰受賞に際し、「病院では常に『心と身体を癒やす食事』を通して、病気の治療や予防に貢献できる栄養管理を目指し、メニューの改善や衛生・体調管理の徹底に努めています。栄養士として最もうれしい瞬間は、やはり患者さんが元気に回復され、栄養指導を受けて帰宅される際の笑顔を見たときです。これからも、食事を通して治療に貢献できるように、頑張りたいという思いがさらに強くなりました」と話している。
 表彰式は24日、神戸市の神戸国際会議場で行われる。

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る