年齢に捉われない自然体の挑戦

 先日、田辺市龍神村と高野町を結ぶ「高野龍神スカイラインウルトラマラソン」が初めて開催。50㌔60歳以上の部2位の井上誠さん(61)を取材した
 距離だけ考えてもすごいのに、ただの道路ではなく山である。登り坂が延々と続くのである。そんな大変な競技に61歳で挑み、部門2位、若者を含めたコース全体でも506人中38位。当然昔からずっと走っておられたのだろうと思ったが、「スポーツはまったくやっていなかった。部活などの経験もない」とあっさり言われた
 走り始めたのは5年前。自転車通勤から、ふと思いついて走っての通勤に変えたのだという。所要時間は20分ほど。自転車で鍛えられていたためかそれほどつらくはなく、マラソン大会に出てみると意外と上位に入れた。そこでウルトラマラソンに挑戦を決めた。山道を走って登る初めての経験はさすがにつらかった。しかし高度が増し、眼下に広がる絶景を見ながら走るのは格別の気分で、楽しくゴールを目指せた。5時間以上走り続けるのだから、実際は単純に「楽しい」とはいえないのではと思えるが、うれしそうな井上さんの笑顔を見ていると本当に楽しかったんだろうなという気がした
 「60歳を超えても、運動経験がなくても結果を出せることがあると知ってもらえたら」と井上さん。年齢や競技経験など条件で自分を縛ることはない。自然体で気の向くまま挑戦し、楽しめれば結果はついてくるのだろう。必ずしも数字に結びつかなくとも、心から楽しんだ経験がプラスにならないはずはない
 100歳以上人口も増えているが、年齢に捉われずマイペースで楽しむ姿勢がきっと健康寿命を延ばす。誕生日が近く、大台にのるのが少し憂鬱な筆者も見習いたいものだ。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る