この仕事も「潮時」か

 「誰にでも悪いことと分かる、こんなことを君がやるはずない。確信犯か」「そんなにあなたの琴線に触れると思わなかった」。以上の会話は、ありそうなものだが、かぎかっこ内の日本語は正しくない。本来の意味ではなく、誤った使われ方をしている慣用句が含まれる。
 「確信犯」とは「政治的・宗教的などの信念に基づいて正しいと信じてなされる行為(その行為を行う人)」が本来の意味だが、「悪いことだとわかっていながらなされる行為(その行為を行う人)」との誤用が増えてきている。「琴線に触れる」は、本来は「感動や共鳴を与えること」という意味だが、「怒りを買ってしまう」と誤解している人が多い。いずれも文化庁が今月21日に発表した2015年度「国語に関する世論調査」の結果を報じた新聞に掲載されていた。「確信犯」は本来の意味を回答した人はわずか17%。「琴線に触れる」は間違った意味を答えた人が31%もいた。
 世論調査の報道では文法上誤りとされる「ら抜き言葉」を使う人の割合が、初めて多数派となったことも紹介されていた。本来の表現である「見られた」「出られる」ではなく、「見れた」「出れる」を使用する人の割合。これらは日常会話にも頻出していると感じる。
 記者歴20年余り。時間に追われる毎日、たまに間違いはあるかもしれないが、表現は正確でなければならないと肝に銘じてパソコンのキーボードを叩いている。それができなくなれば、この仕事も「潮時」か。この「潮時」の意味も「ものごとの終わり」「引き際」などと誤解が多いようだが、「ある事をするための、ちょうどいい時期。好機」が本来の意味で前出は誤用。記事を書く際は、最後まで気を抜けない。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る