この仕事も「潮時」か

 「誰にでも悪いことと分かる、こんなことを君がやるはずない。確信犯か」「そんなにあなたの琴線に触れると思わなかった」。以上の会話は、ありそうなものだが、かぎかっこ内の日本語は正しくない。本来の意味ではなく、誤った使われ方をしている慣用句が含まれる。
 「確信犯」とは「政治的・宗教的などの信念に基づいて正しいと信じてなされる行為(その行為を行う人)」が本来の意味だが、「悪いことだとわかっていながらなされる行為(その行為を行う人)」との誤用が増えてきている。「琴線に触れる」は、本来は「感動や共鳴を与えること」という意味だが、「怒りを買ってしまう」と誤解している人が多い。いずれも文化庁が今月21日に発表した2015年度「国語に関する世論調査」の結果を報じた新聞に掲載されていた。「確信犯」は本来の意味を回答した人はわずか17%。「琴線に触れる」は間違った意味を答えた人が31%もいた。
 世論調査の報道では文法上誤りとされる「ら抜き言葉」を使う人の割合が、初めて多数派となったことも紹介されていた。本来の表現である「見られた」「出られる」ではなく、「見れた」「出れる」を使用する人の割合。これらは日常会話にも頻出していると感じる。
 記者歴20年余り。時間に追われる毎日、たまに間違いはあるかもしれないが、表現は正確でなければならないと肝に銘じてパソコンのキーボードを叩いている。それができなくなれば、この仕事も「潮時」か。この「潮時」の意味も「ものごとの終わり」「引き際」などと誤解が多いようだが、「ある事をするための、ちょうどいい時期。好機」が本来の意味で前出は誤用。記事を書く際は、最後まで気を抜けない。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る