高野龍神ウルトラマラソン 井上さん60歳以上で2位

 今月11日に初めて開かれた「高野龍神スカイラインウルトラマラソン」の50㌔60歳以上の部で、井上誠さん(61)=日高町高家=が見事2位でゴールした。送られてきた賞状と龍神材の記念盾を手に「うれしいです」と笑顔を見せている。
 ウルトラマラソンとは、フルマラソン(42・195㌔)以上の距離を走るマラソン。龍神温泉と高野山を結ぶ高低差812㍍の難コースで、100㌔は高野山大学を出発して龍神村で折り返す往復のコース、50㌔は宿泊施設「季楽里」前を出発し高野町をゴールとするコース。2コースで1129人が挑み、井上さんが参加した50㌔では665人が参加したが、およそ4分の1がリタイアし、完走は506人。60歳以上の部では、制限時間(7時間)以内にゴールしたのは31人だった。
 井上さんは日高川町鐘巻の「お食事処あんちん」に勤務し、15年間、名物のつりがねまんじゅうを焼いている。高家の自宅から自転車で通勤していたが、5年ほど前に走って通勤するようになった。若い頃にもスポーツの経験など何もなかったが、意外に楽に走れたこと、試しに参加したマラソン大会で予想外にいい成績だったことから自信がつき、今回は初めてウルトラマラソンにエントリー。長い山道を走るのはこれまでにない経験で苦しかったが、素晴らしい絶景を眺めているうちに楽しく走れるようになった。タイムは5時間6分1秒。50㌔全体の中でも、506人中38位の好記録だった。
 井上さんは木目も美しい龍神材の盾を手に、「今はマラソンに本格的に取り組みたくなって、仕事を終えてから毎日10㌔走っています。その時間を確保するため、通勤は車になりました」と笑顔。「スポーツをあまりやったこともないまま年をとっても、思いきってやってみればこんな結果を出せる可能性がある、と60歳以上の皆さんの励みになればと思います」と話している。 

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る