民泊のさらなる発展を

 去る12日から17日まで大阪府和泉市の桃山学院大学の学生12人が日高川町に滞在。道成寺をはじめ町内の観光名所や漁協、企業などを回り、町について学んだ。総まとめとなる16日は寒川のあけぼの荘で、地域おこし協力隊の4人と意見を交換。意見交換は大学教授ら主導で行われ、お題に学生らがパネルで意見を述べる格好。その中で印象的だったのは「町で最も心に残ったこと」のお題に対し、学生のほとんどが「民泊」と答えたこと。学生たちは初日と2日目の2泊、ゆめ倶楽部21の会員宅で民泊を体験したが、「田舎の良さを楽しめた」とかなりの高評価だった。
 民泊の取材は、前の担当の印南町も含め何度もしてきた。台湾やインドネシアなどの中高生、東京の小学生などが、宿泊のほか家庭料理や農作業を体験。たった1泊だけだが、最後は抱き合い、中には涙を流す子の姿も見られた。またある民泊家庭では、民泊後に再び子どもたちが訪れたこともあるという。桃山の学生たちも意見交換の後、民泊の家族らと再会したが、2、3日ぶりにも関わらず、手を取り合って跳びはねながら喜んでいた姿が印象的。その表情を見るだけで民泊の良さは十分に伝わった。
 桃山大の教授によると、欧米を中心に日本の日常生活体験へのニーズが高まっているとのことで、民泊の発展に大きく期待できる。今後、町と桃山大は交流していくが、学生の分析力を生かせれば、民泊の魅力を具体化でき、さらにその良さを伸ばしていくことが可能だ。またSNSなどに強い学生の情報発信能力も大いに役立つだろう。
 民泊家族と楽しそうに話す学生の姿を見て、民泊のさらなる可能性を感じさせられた。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じになってきました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る