一本は無理でも引き分けに

 御坊市のオークワロマンシティで今月9日から15日まで、北方領土返還要求運動県民会議の北方領土問題に関するパネル展が開かれた。
 折しも、和歌山県選出の世耕弘成経済産業大臣が新設のロシア経済分野協力担当大臣の兼務を任命され、安倍首相とともにロシアを訪問した直後。12月にはプーチン大統領が日本を訪れ、首相の郷里の山口県で会談する。
 シェール革命で米国が世界最大の天然ガス産出国となり、米国に売れなくなった中東の原油は欧州へと流れた。宇宙開発と地下資源以外になんの産業も技術もないロシアは一気に得意先を失い、欧州に代わる天然ガス市場として日本にすり寄ってきた。
 日本にとってロシアは、終戦後、火事場泥棒的に北から攻め込み、いまなお軍事力をバックにわが国固有の領土である南樺太と北方四島を不法に占拠している国。先の女性北方担当大臣が「歯舞」を読めないなど、国民の関心は年々低下しながら71年が過ぎた。
 しかしここにきて、リオ五輪のマリオを地でいく安倍首相の超精力的な外交により、永久凍土のような領土問題がアイスブレイクした。ことし5月には両首脳が密室でサシの会談を行い、安倍首相はプーチン大統領に対し、新たな発想に基づくアプローチとして、8項目の協力プランを示した。
 相手は価値観を共有する国ではないが、日本にとって領土問題を進展させるには、敵の経済が回らないいまが最大の好機。首相のお膝元での会談では、日ソ共同宣言(二島返還)を基本線に平和条約、領土問題を話し合うことが決まっている。
 安倍―世耕の強力タッグで四島一括返還の「一本」は無理としても、最低でも分割返還の「引き分け」には持ち込みたい。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る