相撲の2代目中村道場が始動

 元小結和歌乃山ら幕内力士を輩出した御坊市の名門相撲道場「中村道場」が、初代道場主の中村義嗣さん(67)から、長男の直樹さん(43)が引き継いで新たに始動することになった。かつて中村道場で稽古を積んだOBの林勝也さん(47)が監督、20代の若手2人のコーチ就任も決定。少なくなっている相撲の競技人口増加につなげたい考えで、「相撲王国御坊」復活へ注目されている。
 義嗣さんは、28歳のときに青年団の相撲競技全国大会で優勝するなどアマチュア相撲界で活躍。29歳のとき、強い力士を育てようと中村道場を開いた。三役を務めた和歌乃山、元幕内大輝煌ら角界で活躍した力士をはじめ、全国大会優勝など強豪を何人も育てた優れた指導者として全国に名前が知られるようになった。それでも少子化、相撲人口の減少の影響を受けていまでは道場生はおらず、最近では日本青年会議所わんぱく相撲の御坊場所で優勝し全国出場を決めた子どもに稽古をつけるのが主な活動となっていた。
 38年間、道場主として頑張ってきた義嗣さんは体力的なことも含めて第一線から退いて相談役となり、ことし夏から直樹さんにバトンタッチ。わんぱく相撲に出場した小学生3人に稽古をつけた林さんが監督となって、これから道場生を募集して本格的に活動していくことにした。コーチは蛯子諒さん(27)と、林洸輔さん(25)。2人とも相撲経験者で、わんぱく相撲の稽古でも指導力を発揮している。
 新道場主となった直樹さんは「体は強くなるし、礼儀も身につく。子どもたちがもっと相撲を好きになるように指導していきたいし、いつかは和歌乃山や大輝煌に続いて各界で活躍する力士を育てていきたい。まずは相撲人口を増やしたい」、林監督も「中村先生にたくさんのことを学ばせてもらい、これからは少しでも恩返ししたい。強い人材を育て、高校や各界と上につないでいきたい」と張り切る。義嗣さんは「若い世代に交代することができ、中村道場はじめ御坊日高のアマチュア相撲界を盛り上げてほしい」とエールを送っている。
 相撲に興味のある子どもを募っており、対象は幼児から中学生。問い合わせは直樹さん℡090―1585―1070。

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る