日高高校生がSGHでカナダへ

 日高高校(上田優人校長)の生徒10人が、同校が取り組んでいるOECD日本イノベーション教育ネットワーク和歌山クラスターとスーパーグローバルハイスクール(SGH)の一環として14日、カナダへ向けて出発した。オンタリオ州で優れた教育、トロントで移民学習や県人会との交流などを予定しており、生徒たちは「たくさんのことを学んできたい」と意気込んでいる。
 日程は15日にオンタリオ州教育省、グリーンウッド中学校訪問、16日にナイアガラの滝視察、17日にトロントでカナダ東部和歌山県人会創立40周年記念祝賀会に出席する。
 OECDから硲間千央さん(2年)、山本詩央理さん、村松美季さん、中井充歩さん(以上1年)の4人と星林、那賀、田辺、海南の10人、SGHから松永美優さん、松花帆さん、稲田悠人さん、坂口陽菜さん、野田七海さん、西梨代さん(以上2年)の6人。行動は共にするがそれぞれテーマが異なり、OECDはオンタリオ州の教育制度がメーン。カナダは州単位で教育省を持っており、同州では生徒自身がカリキュラムを組んだり、高校2年生以上になると職業コース、大学進学コースを選択できること、また多くの移民を受け入れているため語学教育にも力を入れている。
 SGHはトロントの移民の歴史がメーン。トロントはカナダ西部のBC州同様、美浜町などからの移民者が多い都市。県人会の祝賀会で交流を深めるとともに、同校の取り組みのPR活動も行う。
 世界有数の観光地となっているナイアガラの滝では、観光客らへのインタビューなどを通じて魅力を聞き出すとともに、英語力の向上も図る。
 OECD生徒代表の硲間さんは「オンタリオは多文化主義で成功している地域。見習うべきところを学んできたい」、SGH代表の西さんは「移民は地域の大切な歴史。トロントで活躍している人の話を聞き、歴史をより深く学び、後世に伝えたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る