日本看護協会会長の坂本さんが田辺で講演

 田辺市文里のガーデンホテルハナヨで11日、県教育委員会主催の教育講演会「高校生のための和歌山未来塾」が開かれた。同市龍神村出身の公益社団法人日本看護協会会長坂本すがさん(67)が講師を務め、看護職を目指す生徒ら約200人が参加。坂本さんは「胸に手を当て、少し頑張って喜びを得ることを考えてみてください。そこに『自分』があります」と語りかけ、自らの可能性を知り、心の赴くままに生きていこうとメッセージを贈った。
 和歌山未来塾は、高校生が将来、国際社会の中で豊かに生きる力を養うために、さまざまな分野で活躍しているオピニオンリーダーが講師を務める5回シリーズの講演会。本年度第1回の今回は、龍神村に生まれ、南部高校龍神分校から県立高等看護学院を卒業後、助産師として県立医科大附属病院、関東逓信病院(現NTT東日本関東病院)等で勤務し、現在は日本看護協会会長、東京医療保健大学教授等を務めている坂本さんを講師に招いた。
 坂本さんは「何故か、こうなった~あいまいな決め方~」というテーマで講演。子どものころは決してリーダータイプではなかった自分がさまざまな人との出会い、出来事を通して看護の仕事にやりがいを見いだし、現場のスペシャリストから組織の管理職となり、ついには看護師、助産師ら全国70万人の組織のトップに上り詰めた半生を振り返った。
 38歳で産科病棟の婦長をしていたとき、初めて出会った末期がんの患者に真夜中、ナースコールで呼び出され「私は飲めないけど、あなたが一緒に飲んでくれれば飲める気がする」と紅茶を勧められた。最期まで自分のことを自分でしようとする姿に「生きること」を教わり、看護を徹底的に勉強したいと思い、看護研修学校へ入り直し、経営学の視点から看護を考えるため青山学院大学に入学したという。
 最後に、ふるさとの高校生に「あなたは自分がどんな可能性を持っていると思いますか。そんなことは誰も分からないと思います。でも、胸に手をおいて考えてみてください。自分の好きなこと、心がときめくこと、楽しいばかりではないけど、少し頑張って喜びを得ることは何ですか。そこに『自分』があります」と述べ、「皆さんもどうか、自分の可能性に気づき、心の赴くままに生き、看護の道を目指してください」と言葉を贈った。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る