二階幹事長就任祝賀会に1300人

 二階俊博代議士(77)=御坊市島=の自民党幹事長就任祝賀会が11日、みなべ町の南部ロイヤルホテルで開かれ、県内外の政財界から約1300人が来場し盛大に祝った。二階氏は県議2期、衆議院11期連続当選を含めてこれまで歩んでこられたのは多くの支えのおかげだと感謝した上で「故郷和歌山の発展と、日本の躍進へみんなで力を合わせよう」と力を込め、決意を新たにした。
 1階ロイヤルホールを埋め尽くす支持者の前に二階氏が登場すると、大きな拍手が湧き起こった。
 二階氏は「政治の道は人が想像するほど簡単ではなく、これまで本当に厳しかったが、いつのときも支えて下さる友が多くいたから今日を歩み続けることができたことに心から感謝申し上げます」と温かい支援に礼を述べた。御坊市から初めて県議に出馬してから衆議院を含めて13回の選挙を土をつけずに戦ってこれたことにも感謝し、「これからも力の続く限りご恩に応える。故郷和歌山の発展、日本の躍進を皆で実現し、子や孫の世代につないでいけるよう頑張ろう。一人一人の力は大きくないが、皆が力を合わせれば大きな仕事ができる。ご支援をよろしくお願いします」と一層の団結を呼びかけた。
 祝賀会では、発起人を代表して仁坂吉伸県知事が「和歌山のため、日本のため、そしていまや世界のために活躍されている二階先生に心から感謝しています。観光、災害など和歌山が直面している問題を国政で追及していただき、和歌山に対する愛情を感じています。これからもずっと指導を仰いでいきたい」とあいさつ。石田真敏代議士、公明党の浮島とも子代議士、門博文代議士もそれぞれ「和歌山にとって本当に大きな幹事長就任」「すぐに行動する二階先生に日々学ばせてもらっている」「これからも一緒に故郷発展へ頑張りたい」など声を大にした。安倍晋三首相からのメッセージも披露されたあと、沖縄北方担当相として初入閣した鶴保庸介参議がマイクを握り、二階氏に育ててもらった過去を紹介した上で「私自身も大臣に就任させてもらい、故郷に恩返しするスタートラインに立たせていただいたとの気持ちで頑張る」と決意を表明した。

関連記事

フォトニュース

  1. 寒さと静けさのなかで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る