11日 御坊こども食堂オープン

 まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」の減少に取り組んでいる御坊市に事務局を置くフードバンク和歌山(古賀敬教会長)が、子どもたちが安心してご飯が食べられる場所を提供しようと、11日から財部の日高総合型クラブ(ソフトバンク2階)で「御坊こども食堂」をオープンする。毎月2回、誰でも自由に晩ご飯を食べに来てもらうことで、すべての子どもの「居心地のいい居場所」を目指す。
 子どもの貧困が問題となっている中、こども食堂は、「親の仕事の日は一人で晩ご飯を食べている」「弁当を買っている」などの子どもが無料で自由に食べに来られる場所として全国的に広がってきている。
 フードバンク和歌山は、昨年7月から賞味期限が迫った食料品を協力企業から寄贈してもらい、児童自立生活援助事業所などに提供する取り組みをスタート。和歌山市に開設されているこども食堂に食材を提供したことをきっかけに、「食材提供だけでなく、食堂も開設しよう」とメンバーから声が上がり、日高地方で初めてオープンすることにした。
 全国的には食事に困っている子どものみを対象にしている所もあるが、御坊こども食堂は一切の制限を設けず、おおむね18歳までのすべての子どもが対象。保護者や祖父母らもOK(大人だけでの利用は不可)で、子どもを中心に若者、高齢者など幅広い年齢層がつながりを感じられる地域づくりを目指すことに重点を置いている。
 11日以降は毎月第2・4日曜日、午後5時から7時まで御坊市湯川町財部778―7、日高総合型クラブで開設。定員は60人で、予約が必要。子どもは無料で、保護者らは300円。提供する食事は、初回はカレーライス。調理等はすべて地域のボランティアが行っており、一緒に活動してくれるスタッフも募集中。食堂予約やスタッフの問い合わせは事務局の鈴木さん℡080―3792―0000。フードバンク和歌山では「家庭という居場所、学校や職場という居場所がありますが御坊こども食堂は第3の居場所として心地よい空間になることを目標にしていますので、気軽に利用してほしい」と呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る