11日 御坊こども食堂オープン

 まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」の減少に取り組んでいる御坊市に事務局を置くフードバンク和歌山(古賀敬教会長)が、子どもたちが安心してご飯が食べられる場所を提供しようと、11日から財部の日高総合型クラブ(ソフトバンク2階)で「御坊こども食堂」をオープンする。毎月2回、誰でも自由に晩ご飯を食べに来てもらうことで、すべての子どもの「居心地のいい居場所」を目指す。
 子どもの貧困が問題となっている中、こども食堂は、「親の仕事の日は一人で晩ご飯を食べている」「弁当を買っている」などの子どもが無料で自由に食べに来られる場所として全国的に広がってきている。
 フードバンク和歌山は、昨年7月から賞味期限が迫った食料品を協力企業から寄贈してもらい、児童自立生活援助事業所などに提供する取り組みをスタート。和歌山市に開設されているこども食堂に食材を提供したことをきっかけに、「食材提供だけでなく、食堂も開設しよう」とメンバーから声が上がり、日高地方で初めてオープンすることにした。
 全国的には食事に困っている子どものみを対象にしている所もあるが、御坊こども食堂は一切の制限を設けず、おおむね18歳までのすべての子どもが対象。保護者や祖父母らもOK(大人だけでの利用は不可)で、子どもを中心に若者、高齢者など幅広い年齢層がつながりを感じられる地域づくりを目指すことに重点を置いている。
 11日以降は毎月第2・4日曜日、午後5時から7時まで御坊市湯川町財部778―7、日高総合型クラブで開設。定員は60人で、予約が必要。子どもは無料で、保護者らは300円。提供する食事は、初回はカレーライス。調理等はすべて地域のボランティアが行っており、一緒に活動してくれるスタッフも募集中。食堂予約やスタッフの問い合わせは事務局の鈴木さん℡080―3792―0000。フードバンク和歌山では「家庭という居場所、学校や職場という居場所がありますが御坊こども食堂は第3の居場所として心地よい空間になることを目標にしていますので、気軽に利用してほしい」と呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る