御坊の湯川子安神社 拝殿を大改修

 安産祈願で知られる御坊市湯川町小松原、湯川子安神社(井口健佑宮司)で、老朽化した拝殿を改修する工事が行われている。昭和10年に新築されて以来81年目の初の大改修で、紀州材をふんだんに使って床を敷き直し、巨大地震の発生が懸念されることから耐震補強も施す。今月末には完成させ、10月の秋祭りで新しく生まれ変わった姿を氏子にお披露目する。
 拝殿は木造瓦ぶき唐破風造り。「戌(いぬ)の日」に腹帯を持って安産祈願する参詣者が大勢おり、地域住民から「子安さん」の愛称で親しまれ、秋祭りでは神事を行っている。長年の老朽化と白アリ被害で拝殿が少し傾いていたため、平成の大改修を行うことにした。
 盆前から現場での作業がスタート。専門技術が必要で、施工は印南町印南原の㈱坂井家起こし(坂井志行社長)が行っている。柱のほか28平方㍍の床や周りの高欄などを一新。現在は床をすべて取り除き、地面のコンクリート舗装が完了。耐震用の筋交いもできており、今後はスギ、ヒノキを使って床、高欄を仕上げていく。氏子らは「新しく生まれ変わるのが楽しみ」と完成を心待ちにしている。
 子安神社は天正のころ、亀山城主湯川直春が姫の安産を浅間神社(静岡県)に祈願し、その御分霊を亀山城中に勧請、明神社と合祀した。天正13年、亀山城が兵火で全焼したが、御分霊は中腹にあったため難を逃れ、直春の命で現在の場所に子安大明神として再興した。明治になって火災で全焼したが、15年に再建。昭和10年9月には本殿を修築、拝殿を新築した。今回は新築以来初の改修となる。昨年、本殿の屋根を葺き替えており、平成18年には社務所を新築している。

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る