時代を映す芥川賞、普遍的な直木賞

 本の紹介コーナー「本のひだかや」がスタートして3カ月。おかげで読書生活に変化が出てきた
 元々活字中毒で、蔵書は本棚の許容量を超え、あちこちに本の山の入った袋がある。寝る場所はないこともないが、寝る時間はあまりないかもしれない。本を選ぶのは気分一つで話題作を読もうという気はなく、芥川賞・直木賞作品も積極的に読んではいなかった。第155回を迎えた両賞だが、これまで読んだ受賞作は各20点ほど。だが本を広く紹介するとなるとやはり話題性という点でこれに勝るものはなく、近年のものを読むようになった
 セットのように語られるが、純文学新人の芥川賞作品と大衆文学ベテランの直木賞作品は全く性質が違う。普通の意味で面白いのは直木賞だが、より関心を集めるのは芥川賞。新人賞だから無理もないかもしれないが、最新の受賞作でもインターネットの一般書評は芥川賞の件数が直木賞の5倍以上。
 昔からそれが不審で、みんな「アクタガワ」という重みを感じさせる5文字の響きが好きなだけなのではないか、森鴎外にちなんだ森賞とかいう名ならこれほど注目度はないかもしれないなどと考えたりしていた。しかし近年の受賞作を読み、時代の気分を鏡のように反映させているのは芥川賞で、直木賞には逆に時代を超えた普遍的なテーマがあるように思えた。芥川賞作品は、同時代の潮流としてすぐ読むことに意義があるかもしれない。面白さを見いだすのに努力がいるとしても
 本との出会いは人との出会いと同じ。相性もあり、どんなきっかけで縁が結べるか分からない。このコーナーが有意義な出会いのきっかけになれば幸いだが、その前に自分が有意義な出会いをしているのはありがたいことだ。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. それっ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る