時代を映す芥川賞、普遍的な直木賞

 本の紹介コーナー「本のひだかや」がスタートして3カ月。おかげで読書生活に変化が出てきた
 元々活字中毒で、蔵書は本棚の許容量を超え、あちこちに本の山の入った袋がある。寝る場所はないこともないが、寝る時間はあまりないかもしれない。本を選ぶのは気分一つで話題作を読もうという気はなく、芥川賞・直木賞作品も積極的に読んではいなかった。第155回を迎えた両賞だが、これまで読んだ受賞作は各20点ほど。だが本を広く紹介するとなるとやはり話題性という点でこれに勝るものはなく、近年のものを読むようになった
 セットのように語られるが、純文学新人の芥川賞作品と大衆文学ベテランの直木賞作品は全く性質が違う。普通の意味で面白いのは直木賞だが、より関心を集めるのは芥川賞。新人賞だから無理もないかもしれないが、最新の受賞作でもインターネットの一般書評は芥川賞の件数が直木賞の5倍以上。
 昔からそれが不審で、みんな「アクタガワ」という重みを感じさせる5文字の響きが好きなだけなのではないか、森鴎外にちなんだ森賞とかいう名ならこれほど注目度はないかもしれないなどと考えたりしていた。しかし近年の受賞作を読み、時代の気分を鏡のように反映させているのは芥川賞で、直木賞には逆に時代を超えた普遍的なテーマがあるように思えた。芥川賞作品は、同時代の潮流としてすぐ読むことに意義があるかもしれない。面白さを見いだすのに努力がいるとしても
 本との出会いは人との出会いと同じ。相性もあり、どんなきっかけで縁が結べるか分からない。このコーナーが有意義な出会いのきっかけになれば幸いだが、その前に自分が有意義な出会いをしているのはありがたいことだ。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. オスッ!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る