台風12号豪雨から5年 災害復旧最終

 平成23年9月3日から4日未明にかけて死者3人、行方不明者1人、家屋の全半壊120軒など日高川町に大きな被害をもたらした台風12号豪雨から丸5年。県が日高川の入野、三十木、皆瀬の3カ所で行っている災害復旧は最終工事に入っている。被災した護岸の復旧だけでなく河道拡幅などを行い、被害の軽減を図る。
 県は台風12号で甚大な被害を受けた日高川の災害復旧・改良として、約85億円を投入し、平成23年から取り掛かった。事業区間は入野(和佐~松瀬の約3・6㌔)、三十木(三十木~原日浦の約2・5㌔)、皆瀬(皆瀬~川原河の約2・8㌔)の3地区。
 90戸の浸水被害があった入野地区では4カ所で堤防を陸側に引く、「引き堤」工事を実施。河川の両サイドを掘削し川幅を広げ、護岸整備、盛り土を行い堤防を築く。引き堤を行う場所は松瀬橋周辺の左岸500㍍、右岸200㍍、松瀬橋から下流の入野橋までの間の右岸1000㍍、入野橋付近の右岸1300㍍。20㍍から最大で約50㍍まで陸側に引くことで川の流下能力を向上させ、浸水被害の軽減を目指す。
 38戸が浸水した三十木では掘削で川幅を広げ、盛り土でかさ上げして護岸を整備。103戸が浸水した皆瀬では1カ所で引き堤工事。約20㍍陸側に引くほか、堤防の高さを従来より3㍍かさ上げする。
 工事の進捗状況は、三十木は昨年度までに終わっており、皆瀬もこのほど完成。入野の護岸と引き堤についても工区のほとんどが完了しており、今後は工事用通路として使っていた未着手部分に取り掛かる。全体完成は本年度末となっている。
 また県は日高川の支流で台風12号の際に氾濫した江川の原形復旧、河川拡幅などによる流下能力の向上にも取り掛かっており、本年度は測量設計、用地買収などを行うほか現場着工も目指している。

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る