JAL 南紀白浜-羽田、値下げと大型化

 日本航空(JAL)は南紀白浜―羽田空港線の早期予約割引(特便割引)を値下げし、秋のハイシーズンにあたる11月には18日間、機材を大型化することを決めた。同路線は平成22年度から機材を小型化のうえ一日3往復となり、6年目の27年度は年間搭乗者数が12万7003人と過去最多を記録。本年度も夏休みは好天続きで堅調に推移しており、ビジネスと秋の団体利用に期待がかかる。
 運賃値下げは、3日前までに予約すれば割り引きされる「特便割引3」と、7日前までに予約すれば割引される「特便割引7」が対象。10月30日から1月6日までの間、最も安い日であれば、通常片道3万2500円の運賃が、特便割引3で1万7000円、特便割引7で1万6800円となる。昨年の同時期と比べると、特便割引3で2000円、特便割引7で700円安くなる。
 機材の大型化はことしに入って初めてで、期間は11月3日から20日まで。普段の機材は、平成22年度から一日3往復就航しているエンブラル170(76人乗り)だが、この期間中は南紀白浜行きが最終の16時30分発、羽田行きは最終の18時30分発の便がボーイング737(165人乗り)となる。
 県港湾空港振興課によると、一日3往復となった22年度以降の年間搭乗者数は、22年度が11万1203人、23年度が9万1020人、24年度が10万8441人、25年度が11万555人、26年度が10万7936人。27年度はアドベンチャーワールドの双子パンダ人気に加えて紀の国わかやま国体、高野山開創1200年記念大法会などの特需があり、さらに7・8月の機材大型化で12万7003人を記録した。
 本年度も4月以降、昨年よりは少ないものの、7月には大型化がなかったにもかかわらず1万人を超え、8月も好天続きで堅調に推移。県は国の地方空港の路線活性化プログラムに基づく新たな旅行商品の提案、県民への各種割引運賃の周知に努めており、今回の特便割引の値下げと機材大型化により、「ビジネス利用、秋の行楽団体利用に期待したい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る