JAL 南紀白浜-羽田、値下げと大型化

 日本航空(JAL)は南紀白浜―羽田空港線の早期予約割引(特便割引)を値下げし、秋のハイシーズンにあたる11月には18日間、機材を大型化することを決めた。同路線は平成22年度から機材を小型化のうえ一日3往復となり、6年目の27年度は年間搭乗者数が12万7003人と過去最多を記録。本年度も夏休みは好天続きで堅調に推移しており、ビジネスと秋の団体利用に期待がかかる。
 運賃値下げは、3日前までに予約すれば割り引きされる「特便割引3」と、7日前までに予約すれば割引される「特便割引7」が対象。10月30日から1月6日までの間、最も安い日であれば、通常片道3万2500円の運賃が、特便割引3で1万7000円、特便割引7で1万6800円となる。昨年の同時期と比べると、特便割引3で2000円、特便割引7で700円安くなる。
 機材の大型化はことしに入って初めてで、期間は11月3日から20日まで。普段の機材は、平成22年度から一日3往復就航しているエンブラル170(76人乗り)だが、この期間中は南紀白浜行きが最終の16時30分発、羽田行きは最終の18時30分発の便がボーイング737(165人乗り)となる。
 県港湾空港振興課によると、一日3往復となった22年度以降の年間搭乗者数は、22年度が11万1203人、23年度が9万1020人、24年度が10万8441人、25年度が11万555人、26年度が10万7936人。27年度はアドベンチャーワールドの双子パンダ人気に加えて紀の国わかやま国体、高野山開創1200年記念大法会などの特需があり、さらに7・8月の機材大型化で12万7003人を記録した。
 本年度も4月以降、昨年よりは少ないものの、7月には大型化がなかったにもかかわらず1万人を超え、8月も好天続きで堅調に推移。県は国の地方空港の路線活性化プログラムに基づく新たな旅行商品の提案、県民への各種割引運賃の周知に努めており、今回の特便割引の値下げと機材大型化により、「ビジネス利用、秋の行楽団体利用に期待したい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る