地域で子どもを守る

 少年の凶悪犯罪が後を絶たない。昨年2月、神奈川県川崎市で中学1年生の少年が年上の少年グループからナイフで首などを切られるという暴行を受けて死亡するという事件があった。この事件から約1年半、また同じように凶悪な事件が発生した。今月22日には埼玉県東松山市で同県吉見町の少年(16)が他の14歳から17歳の少年5人から暴行を受けて殺害された。未然に防ぐことができなかったのかという思いがある
 少年犯罪の動機は短絡的だ。報道によると、今回の事件では、リーダー格の少年が「うそをついたり、メールや電話を無視したりしたので殺した」と供述しているという。それだけのことで人の命を奪うことができるのか、考え込んでしまう。おそらく、現代社会が少しのことでキレてしまう子どもを生んでしまってはいないかと思う
 先日、JR南部駅前で青少年センターの職員らがマナーアップ啓発活動を展開し、電車から降りてくる高校生ら1人ずつに「おはよう」と声をかけた。中には素通りする子どももいたが、頭を下げたりあいさつを返してきたりする子どももみられた。こうした活動は地道で目立たない。しかし、うまく説明することができないが、子どもたちの孤独感を拭い去り安心感を与えることはできるのではないかと思う。それが少年犯罪を未然に防ぐことにもつながるだろう
 昔と違っていまは、人とのつながりが希薄になっている。家庭に目を向けると、以前は祖父母らと同居の大家族が一般的だったが、最近では核家族化が進んでいる。場合によっては両親共働きで、子どもも含めた会話が少なくなりがち。よく耳にする「地域で子どもを見守る」ということが、いまの時代には一層重要視されている。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る