津波の日高校生サミット 日高の女子3人参加へ

 昨年12月、濱口梧陵の「稲むらの火」にちなんで制定された11月5日の世界津波の日の啓発イベントとして、11月25、26日に高知県黒潮町で青少年による国際会議「世界津波の日」高校生サミットin黒潮が開催される。国内35校から100人、海外からも29カ国250人の高校生を招く。和歌山からは日高の1年生3人が参加。本番に向け発表内容をまとめている。
 高知県や黒潮町など主催。参加者は国内が岩手、宮城、福島、東京、神奈川、大阪、高知、佐賀など東北から九州までの各県。海外は中国や韓国、インド、シンガポール、ベトナム、ミャンマー、フィジー、マーシャルなどの東・東南アジア、オセアニアを中心に、アメリカ、チリ、ポルトガル、ケニアなど世界各地から参加する。
 内容は「自然災害から生き抜くために、次世代を担う私たちができること~自助、共助、公助の視点から~」を大テーマに、「自然災害リスクの理解」「自然災害への備え」「自然災害からの復興」の3つの小テーマから各校が1つを選び、考えてきたことをプレゼン。言語は英語を使用する。
 和歌山からは日高1校のみで、1年生の中井充歩さん、松村愛恵さん、岡はるかさんの3人。テーマは「自然災害からの復興」の中の学生が果たす役割についての研究。▽同校が実施している防災に関するさまざまな体験ができる「防災スクール」のPR方法▽同校への避難者が夜間でもスムーズに避難できるよう蓄光塗料を使った正門から4階までの避難経路看板▽防災だよりの発行と、発行による生徒の意識変化││の3つを調べる。蓄光塗料看板は実際に設置、防災だよりも1、2年生対象に全5回発行し、発行前と発行後に生徒約240人を対象にアンケートをとり、知識や意識の向上があったか調べる。
 3人は7月から定期的に集まっては内容を詰めてきており、今後は各取り組みを実施し、内容を原稿にまとめ、スクリーンに映す資料も作成していく。7、8月に開かれた和歌山高校生フォーラムにも参加した中井さんは「フォーラムでは至らなかった部分を見直し、自分たちのプレゼンだけでなく、他の人の内容を聞いて積極的に質問したい」、松村さんは「サミットをきっかけに自分を成長させたい」、岡さんは「たくさんの英語に触れたいです」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. そり立つ壁をよじ登れ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る