津波の日高校生サミット 日高の女子3人参加へ

 昨年12月、濱口梧陵の「稲むらの火」にちなんで制定された11月5日の世界津波の日の啓発イベントとして、11月25、26日に高知県黒潮町で青少年による国際会議「世界津波の日」高校生サミットin黒潮が開催される。国内35校から100人、海外からも29カ国250人の高校生を招く。和歌山からは日高の1年生3人が参加。本番に向け発表内容をまとめている。
 高知県や黒潮町など主催。参加者は国内が岩手、宮城、福島、東京、神奈川、大阪、高知、佐賀など東北から九州までの各県。海外は中国や韓国、インド、シンガポール、ベトナム、ミャンマー、フィジー、マーシャルなどの東・東南アジア、オセアニアを中心に、アメリカ、チリ、ポルトガル、ケニアなど世界各地から参加する。
 内容は「自然災害から生き抜くために、次世代を担う私たちができること~自助、共助、公助の視点から~」を大テーマに、「自然災害リスクの理解」「自然災害への備え」「自然災害からの復興」の3つの小テーマから各校が1つを選び、考えてきたことをプレゼン。言語は英語を使用する。
 和歌山からは日高1校のみで、1年生の中井充歩さん、松村愛恵さん、岡はるかさんの3人。テーマは「自然災害からの復興」の中の学生が果たす役割についての研究。▽同校が実施している防災に関するさまざまな体験ができる「防災スクール」のPR方法▽同校への避難者が夜間でもスムーズに避難できるよう蓄光塗料を使った正門から4階までの避難経路看板▽防災だよりの発行と、発行による生徒の意識変化││の3つを調べる。蓄光塗料看板は実際に設置、防災だよりも1、2年生対象に全5回発行し、発行前と発行後に生徒約240人を対象にアンケートをとり、知識や意識の向上があったか調べる。
 3人は7月から定期的に集まっては内容を詰めてきており、今後は各取り組みを実施し、内容を原稿にまとめ、スクリーンに映す資料も作成していく。7、8月に開かれた和歌山高校生フォーラムにも参加した中井さんは「フォーラムでは至らなかった部分を見直し、自分たちのプレゼンだけでなく、他の人の内容を聞いて積極的に質問したい」、松村さんは「サミットをきっかけに自分を成長させたい」、岡さんは「たくさんの英語に触れたいです」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る