高野龍神ウルトラマラソン 1129人が力走

 日本三美人湯の龍神温泉と世界遺産の高野山を結ぶコースの「高野龍神スカイラインウルトラマラソン2016」が11日に初めて開催された。高低差812㍍の難コースで、距離は100㌔と50㌔の2種目に1129人が挑んだ。前日には龍神市民センターで宵宮祭が行われ、歌やもちつきでランナーを激励した。
 ウルトラマラソンは、フルマラソン(42・195㌔)以上の距離を走る。主催は高野龍神スカイラインウルトラマラソン実行委員会(実行委員長=平野嘉也高野町長)で、㈱JTB西日本が運営協力。100㌔は高野山町の高野大学前を出発して龍神村で折り返すコースで、50㌔は龍神村の宿泊施設「季楽里龍神」前をスタートして高野町内がゴール。今回は全国以外にも香港や台湾などからも出場があり、100㌔に464人、50㌔に665人が参加した。
 50㌔のスタートとなった季楽里龍神ではスタート前に開会式が行われたあと、9時30分に号砲。一斉に高野山方面へ走り出した。途中のエイドステーションで疲労回復効果があるといわれる梅干しや果物が用意されたほか、沿道では手を振ってランナーに声援を送る姿もみられた。100㌔では全体の約半分の214人、50㌔では約8割の550人が完走した。
 前日には龍神と高野山でそれぞれ宵宮祭を開催。龍神では龍神小唄保存会・深瀬会のメンバーが龍神小唄を披露。ご当地体操の「龍神温泉美人体操」が紹介され、ランナーたちも一緒になって体を動かしたほか、臼ときねを使った昔ながらの餅つきも行われた。軽食コーナーのテーブルには梅やミカンのジュース、しいたけバーガー、サトイモ、龍神番茶、わさびずしなどが並び、地元の食でランナーたちを温かくもてなした。

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る