「もったいない」が食育の原点

 まだ食べられるのに食べ物が捨てられてしまう「食品ロス」。以前も紹介したことがあるが、政府の統計では食品ロスは年間最大800万㌧ともいわれており、日本人1人当たりでは毎日おにぎりを1~2個捨てている計算。これは日本の米の年間収穫量約860万㌧に匹敵する数字で、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量の年間約390万㌧を大きく上回っている。単純計算だと、食品ロスをなくしてその分を配分すれば世界の貧困を少しでもなくすことができる。ミスマッチはどんな分野でもあり、そううまくいくものではないが、日本人の「もったいない」の精神がこれほど崩れているのは危惧しなければならない。
 このミスマッチを改善しようと、消費期限が近づき、このままでは廃棄しなければならなくなる食品を寄贈してもらい、福祉施設や食に困っている人に提供する「フードバンク」という運動が広がりつつある。筆者はつい最近まで知らなかったが、日本では平成14年からNPOセカンドハーベスト・ジャパンが本格的に活動し、全国で展開されている。子どもの貧困が社会問題となる中、食の充実で心身の健康にもつながると注目度は年々高まっている。
 きょう8月31日は、語呂合わせで「やさいの日」だ。家庭での食べ残しは野菜が多いといわれている。せっかく制定されている記念日をきっかけに、家族や身近な人と「もったいない」について考えてみては。とくに子どもたちに関心を持たせてほしい。栄養バランスのよい食事、旬の食材、地産地消などももちろん大事だが、出されたものを食べ残さない。これが食育の原点であることをあらためて認識したい。   

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る