「もったいない」が食育の原点

 まだ食べられるのに食べ物が捨てられてしまう「食品ロス」。以前も紹介したことがあるが、政府の統計では食品ロスは年間最大800万㌧ともいわれており、日本人1人当たりでは毎日おにぎりを1~2個捨てている計算。これは日本の米の年間収穫量約860万㌧に匹敵する数字で、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量の年間約390万㌧を大きく上回っている。単純計算だと、食品ロスをなくしてその分を配分すれば世界の貧困を少しでもなくすことができる。ミスマッチはどんな分野でもあり、そううまくいくものではないが、日本人の「もったいない」の精神がこれほど崩れているのは危惧しなければならない。
 このミスマッチを改善しようと、消費期限が近づき、このままでは廃棄しなければならなくなる食品を寄贈してもらい、福祉施設や食に困っている人に提供する「フードバンク」という運動が広がりつつある。筆者はつい最近まで知らなかったが、日本では平成14年からNPOセカンドハーベスト・ジャパンが本格的に活動し、全国で展開されている。子どもの貧困が社会問題となる中、食の充実で心身の健康にもつながると注目度は年々高まっている。
 きょう8月31日は、語呂合わせで「やさいの日」だ。家庭での食べ残しは野菜が多いといわれている。せっかく制定されている記念日をきっかけに、家族や身近な人と「もったいない」について考えてみては。とくに子どもたちに関心を持たせてほしい。栄養バランスのよい食事、旬の食材、地産地消などももちろん大事だが、出されたものを食べ残さない。これが食育の原点であることをあらためて認識したい。   

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る