御坊の花火大会 5万人が歓声

 御坊の夏の夜空を彩る恒例の花火大会(同実行委員会主催)が27日に日高川河川敷で開催され、約5万人の見物人でにぎわった。心配された台風接近の影響もなく、心地よい風が日高川沿いを吹き抜ける最高の花火日和。大玉の連発、仕掛け花火、クライマックスの水上自爆とスターマインの競演など、澄んだ夜空に色鮮やかな2400発が咲き誇ると、大きな拍手と歓声が響いていた。
 司会のアナウンスと一緒に見物人が5秒前からカウントダウン。一斉に打ち上がった仕掛け花火が夜空を焦がすと、大きな歓声が上がった。大玉の連発では、夜空一面に大輪の花が咲き、「うわ、おっきい」「すごい迫力」と興奮。輪っか、花が咲いたような形、ニッコリマークなどさまざまな種類の花火もたくさんあり、「いまのかわいかった」などと打ち上がるたびに笑顔で話す家族連れの姿も。クライマックスは日高川の水面にドーム形に広がる水上自爆が腹に響く大きな音を立てながら次々とさく裂するなか、スターマインも打ち上がり、光の競演に目を奪われていた。最後は大玉が夜空を覆い尽くし、大きな拍手が鳴り響くなか幕を閉じた。
 本部席がある日高川堤防道路や18㍍道路は歩行者天国となり、浴衣姿の若者、カップル、親子連れら大勢の人だかりができ、楽しそうに夜空を眺めていた。かき氷やクレープ、たこ焼きなど露店もたくさん並んで祭りの雰囲気満点で、大いににぎわっていた。毎年見に来るという家族連れは「気持ちいい風が吹いて暑くなく、煙もすぐになくなってすごくきれいに見えた。また来年も来たい」と笑顔があふれていた。

関連記事

フォトニュース

  1. やにこうおいしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る