徳本上人の知名度アップへ

 先日、徳本さんで日高おこし隊実行委員会と和歌山大学観光学部学生とのワークショップが行われ、まちの観光振興について学生から率直な意見が聞けたことは、関係者らにとって大変有意義だったと思う。
 そもそも同委員会の目的は、厳しい修行や幅広い層に信仰されていたことで知られる徳本上人の200回忌法要が来年10月1日に志賀の誕生院で行われるのを機会に、上人の遺徳を発信するとともに、地域活性化につなげること。当然、地元では徳本上人の知名度もアップしてきていると思われるが、外向けにはどうなのだろう。
 和大とのワークショップでは、学生の一人が徳本さんのことを「とくもとさん」と呼んでいた。本当はきちんとした読みを知っていたが、たまたま言い間違えたのかもしれない。ただ、得てして外向けに徳本上人はまだまだその程度の知名度しかないのかもしれない。学生たちが提案していたのはSNSの活用で、委員会のメンバーにはぜひ取り組んでいただきたい。SNSにアップしてくれれば、民宿などが割引サービスを行うというアイデアもいいと思った。
 学生は「あまり堅苦しいPRはダメ」と指摘。確かに、信仰の対象だけで徳本上人をとらえた場合堅苦しくてもいいと思うが、観光振興にもつなげるなら思い切ってくだけた感じにすべきだと思う。個人的には徳本上人をデフォルメしたかわいいキャラにするとか、あるいはイケメンのキャラにするとかして漫画を作れば、若者にも取っつきやすいかもしれない。とにかく色々考えてできることに積極的に取り組み、徳本上人の偉業にあやかってまちが活性化することを期待している。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る