中火でよくかき混ぜてね

 みなべ町保健福祉センター(ふれ愛センター)で26日、夏休み子ども梅料理教室が開かれ、町内の小学生15人が参加した。梅農家の男性でつくる「コラボキッチン」と未就学児の母親らでつくる「プラムkitchen」の共催で、南高梅のジャムと夏野菜の梅ピザの作り方を実践指導。途中、梅に関するクイズもあり、会場は甘酸っぱい香りと子どもたちの笑顔に包まれた。
 夏休み子ども梅料理教室はコラボキッチン(坂本国之代表)とプラムkitchen(坂本康好代表)の協働イベントで、3年目となる今回は2年生から5年生まで男女15人の子どもが参加。コラボキッチンの山本康雄さん(54)が梅ジャムの作り方を指導し、子どもたちは冷凍の完熟南高梅の皮を1個ずつ手でむき、砂糖を混ぜて鍋でじっくり煮込んだ。
 梅を煮込む鍋はホーロー製で、梅を混ぜるヘラは木製。山本さんは「なぜホーロー鍋で木のヘラを使うのでしょうか」というクイズが出したが、子どもたちから正解は出ず、山本さんが「梅にはクエン酸という酸っぱい成分があり、鉄の鍋やヘラは梅の強い酸でサビつくからです」などと説明した。また、「ジャムに使う梅は青い梅より黄色い梅、黄色い梅より紅の入った梅の方がおいしくて体にいい」「クエン酸は疲労回復や夏バテ防止など効果があり、梅を食べると年をとらない。だからお家に帰って、お父さんやお母さんにぜひ勧めてあげて」などと呼びかけた。
 夏野菜の梅ピザはスーパーで購入できるピザ台を使い、トマト、タマネギ、ナスビ、ピーマン、オクラなどをトッピング。プラムkitchenの坂本代表が野菜の切り方を一つひとつ示しながら、ケチャップの塗り方、チーズの量、おいしい焼き加減などを指導した。
 上南部小学校5年生の片山嶺奈さんは初めてのジャム作りが楽しそうな様子で、「私の家は梅農家で、家ではいつもパンやヨーグルトにジャムをかけたりしながら、お母さんの作った梅料理を食べています。梅干しも大好きです」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで火の用心頑張ろうな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  2. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  3. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  4. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  5. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る