ジャイアンツカップ 和歌山御坊タイガースが3位

 中学硬式野球のリーグの枠を超えて日本一を決める第10回全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップは23日に東京ドームで準決勝が行われ、和歌山・奈良代表の和歌山御坊ボーイズ/ジュニアタイガースは福岡ボーイズに5―8で惜敗。決勝進出は逃したが、2年ぶり2度目の出場で堂々の3位入賞を果たした。24日の決勝戦のあとに表彰式が行われ、笑顔で賞状を手にした。
 2回戦はサヨナラ、準々決勝もタイブレークを制するなど粘りを見せてきたタイガースは、決勝進出をかけた大一番でも最後まであきらめないプレーが光った。
 3点を追う3回、9番中田と1番中島の連続安打で1死二、三塁と好機をつくると、2番川井田のスクイズ空振りが暴投となり、一気に2人が生還した。リードを5点に広げられた6回には2つの敵失で1死一、三塁から5番寺迫の遊ゴロで二塁アウトの間に三走の畑垣がホームイン。8―3で迎えた最終回は、8番鈴子が内野安打で出塁すると、9番中田が右中間突破の適時三塁打で1点。続く1番中島の遊ゴロで生還し3点差まで追い上げたが、反撃もここまでだった。投げてはエース中田が130㌔台後半の力のある速球で5奪三振と会場を沸かせ、6回から継投の寺迫も粘りの投球が光った。西畑卓也監督は「悔しいです。でも、子どもたちはよく頑張ってここまでついてきてくれました。最高のキャプテンがチームを引っ張り、心一つになりこの結果をプレゼントしてくれました。ありがとう。保護者の皆さんもお疲れさまでした」と選手、保護者、スタッフが一丸となった結果だと強調。川井田駿主将は「東京ドームでの試合はとても緊張しました。絶対に決勝に進んでやると思っていたので悔しかったですが、3位という結果を残せたのはとてもうれしい。チーム一丸で頑張ったおかげだと思います。いろんな人に助けられてここまでこれたので、感謝しています」。山﨑幸二会長は「みんなありがとう。28人という少ない部員で、1537チーム中の3位はとても輝かしい成績でした。和歌山支部長就任の年に子どもたちから最高のプレゼントをもらいました。3年生はこれで終わりになりますが、高校進学先で甲子園出場できることを祈っています」と選手をたたえていた。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る