あれもこれも読みたいが…

 あれも読みたい、これも読みたいと、一冊の本を読み終えないうちに本を買ってしまう。年齢とともに読むスピードは遅くなり、読まなければならない本が枕元にたまってくる。気合いを入れて読み始めても、5分もすれば両目のシャッターが下り始め、2、3行で眠りに落ちてしまう。
 次の夜、しおりを挟んだページを開いてみると、「私は田崎が恣意的に並べた写真を見返し、山川に連絡をとって3人で現場へと向かった…」とあるが、さて、田崎に山川はどなたはんでしたかいな。物語の世界へ入ることもできない。
 仕方なく数㌻戻ってみるがよく分からず、さらに10㌻ほど巻き戻して、ようやく田崎と山川の関係を思い出した。しかし、この時点で本日の集中力は終了。結局、1㌻も進めず、一冊読み終えるまでに1カ月以上かかった。まるで枝雀落語の長屋の男である。
 6月から毎週金曜付で、新刊本や話題の本を紹介するページ「本のひだかや」をスタートさせた。編集部に「家が本だらけで寝る場所もない」というとんでもない読書家(里)がおり、他の記者や社員も巻き込んでなんとか続いている。
 今月は真夏の納涼企画として2週連続、「怖い話の本」を特集し、三津田信三の短編集「赫眼」と加門七海の「祝山」を紹介した。この2冊は最近読んだところで記憶も新しかったが、情けないのは1年以上前に読んだ本で、「めっちゃ面白かった」という印象はあるのに、ストーリーがさっぱり思い出せない。
 この骨の髄まで浸潤した「老い」こそが何より怖く、仕事となれば楽しい反面、「行」のような苦しさもあるが、締め切りに追われつつ、寄る年波に抗いつつ、面白い本、泣ける本、怖い本を紹介していきたい。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る