みなべダブル選説明会 町議は3人オーバーか

 みなべ町の町長と町議の同時選(9月27日告示、10月2日投開票)の立候補予定者説明会が23日に役場で開かれた。町長選には現職小谷芳正氏の陣営だけ。町議選(定数14)には現職8陣営と新人4陣営、元職1陣営の計13陣営が出席。しかし、説明会を欠席した現職2陣営のほか共産党が2人の候補者を出す方向で実質的には17陣営が出馬の意向を示しており、現状では3人超過の選挙戦が予想されている。
 定数は14だが、現状は2人欠員で現職議員は12人。うち中井重雄議員(70)と森坂義明議員(68)の2人が今期限りの引退を表明している。
 説明会には、現職では井口雅裕(62)=芝=、下村勤(72)=高野=、中本光一(63)=東吉田=、真造賢二(54)=東本庄=、原田覚(42)=山内=、佐々木香徳(46)=東本庄=、谷本吉弘(58)=埴田=、北谷清治(63)=清川=の8氏が出席。竹本栄次(66)=徳蔵=、田中昭彦(73)=北道=の2氏は、都合で欠席したが出馬の意向。現職の立候補は実質的に10人とみられる。新人では、西本庄の丸山幸雄(62)=会社役員=、東岩代の出口晴夫(57)=団体職員=、芝の玉井伸幸(62)=無職=、同じく芝の宮崎繁幸(57)=会社員=の4氏。元職では埴田の天野仁氏(66)=農業=が出席した。共産党は「党の手続き上の関係で名前はまだ出せないが、2人の候補者を絞り込んでいる。必ず出す」と話している。このほか、候補者不在の2陣営も出席したが、「いまのところめどは立っていない」という。
 新人の丸山氏は「町のことを勉強し、よりよいまちにできるように頑張りたい」、出口氏は「梅産業の振興、若者が生き生き働ける魅力あるまちづくりに力を入れたい。町民目線を第一に、これまでの経験を生かしたい」、玉井氏は「想定されている津波への備えに力を入れたい。少子高齢化対策も必要だし、世界農業遺産、国立公園の海岸、伝統文化などみなべの遺産を後世にきちんと伝えるようにしてきたい」、宮崎氏は「若者の雇用を拡大し、安心して暮らせる活力ある町づくりに取り組んでいきたい」、元職の天野氏は「少子高齢化対策が必要で、人口減に歯止めをかけるため働く場所の確保に力を入れたい。青少年の育成にも取り組みたい」とそれぞれ抱負を語っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る