みなべダブル選説明会 町議は3人オーバーか

 みなべ町の町長と町議の同時選(9月27日告示、10月2日投開票)の立候補予定者説明会が23日に役場で開かれた。町長選には現職小谷芳正氏の陣営だけ。町議選(定数14)には現職8陣営と新人4陣営、元職1陣営の計13陣営が出席。しかし、説明会を欠席した現職2陣営のほか共産党が2人の候補者を出す方向で実質的には17陣営が出馬の意向を示しており、現状では3人超過の選挙戦が予想されている。
 定数は14だが、現状は2人欠員で現職議員は12人。うち中井重雄議員(70)と森坂義明議員(68)の2人が今期限りの引退を表明している。
 説明会には、現職では井口雅裕(62)=芝=、下村勤(72)=高野=、中本光一(63)=東吉田=、真造賢二(54)=東本庄=、原田覚(42)=山内=、佐々木香徳(46)=東本庄=、谷本吉弘(58)=埴田=、北谷清治(63)=清川=の8氏が出席。竹本栄次(66)=徳蔵=、田中昭彦(73)=北道=の2氏は、都合で欠席したが出馬の意向。現職の立候補は実質的に10人とみられる。新人では、西本庄の丸山幸雄(62)=会社役員=、東岩代の出口晴夫(57)=団体職員=、芝の玉井伸幸(62)=無職=、同じく芝の宮崎繁幸(57)=会社員=の4氏。元職では埴田の天野仁氏(66)=農業=が出席した。共産党は「党の手続き上の関係で名前はまだ出せないが、2人の候補者を絞り込んでいる。必ず出す」と話している。このほか、候補者不在の2陣営も出席したが、「いまのところめどは立っていない」という。
 新人の丸山氏は「町のことを勉強し、よりよいまちにできるように頑張りたい」、出口氏は「梅産業の振興、若者が生き生き働ける魅力あるまちづくりに力を入れたい。町民目線を第一に、これまでの経験を生かしたい」、玉井氏は「想定されている津波への備えに力を入れたい。少子高齢化対策も必要だし、世界農業遺産、国立公園の海岸、伝統文化などみなべの遺産を後世にきちんと伝えるようにしてきたい」、宮崎氏は「若者の雇用を拡大し、安心して暮らせる活力ある町づくりに取り組んでいきたい」、元職の天野氏は「少子高齢化対策が必要で、人口減に歯止めをかけるため働く場所の確保に力を入れたい。青少年の育成にも取り組みたい」とそれぞれ抱負を語っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る