戦争体験者の取材で思う

 先日、慶弔の死亡欄に見たことがある名前があった。毎年8月に本紙で連載している戦争体験者の声を聞く「終わらざる夏」で、取材させてもらった人だった。筆者が連載に加わって4年。これまで10人の人を取材してきたが、うちすでに3人の方が亡くなった。生前に貴重な話を聞き本紙に掲載できたことはありがたかったが、戦争の悲惨さを知る方がまた1人亡くなったことを悲しく思う。
 ことしは終戦から71年。当時二十歳だった人はもう90歳を超える高齢になっている。そのため、近年は戦地へ行った人を探すのは難しく、幼少期に戦争を体験した人が中心になってきている。ことし筆者が取材した2人の方も、戦時中は小学生だった。1人はグラマンの機銃掃射や頭上を飛ぶB29におびえたり、食べるものがなく空腹に耐え続けた日々、戦中と終戦直後でまったく学校生活が変わったことなど。もう1人からは空襲で無数に降り注ぐ焼夷弾の雨から命からがら逃げた話などを聞いた。子ども時代の話ながら、戦争の恐ろしさは十分に伝わった。
 空襲を受けた戦争経験者の言葉が印象的だ。「戦争が始まった当時、誰が無数の焼夷弾の雨の中を逃げるような悲惨な光景を想像できただろうか」。いまでこそ「戦争は悲惨」との認識だが、当時の日本人は誰もが勝利を信じ、ある意味で楽観視していたのだろう。現代の日本人も「まさか戦争なんて」と再び楽観視しているのかもしれない。
 今後も戦争経験者の高齢化は進み、貴重な話を聞ける人も少なくなる。話を聞ける人がいなくなっても、経験者が訴える戦争の悲惨さと平和への思いはなくしてはいけない。微力ながら紙面を通じて貴重な声を残していきたい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか前に進まへん…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る