戦争体験者の取材で思う

 先日、慶弔の死亡欄に見たことがある名前があった。毎年8月に本紙で連載している戦争体験者の声を聞く「終わらざる夏」で、取材させてもらった人だった。筆者が連載に加わって4年。これまで10人の人を取材してきたが、うちすでに3人の方が亡くなった。生前に貴重な話を聞き本紙に掲載できたことはありがたかったが、戦争の悲惨さを知る方がまた1人亡くなったことを悲しく思う。
 ことしは終戦から71年。当時二十歳だった人はもう90歳を超える高齢になっている。そのため、近年は戦地へ行った人を探すのは難しく、幼少期に戦争を体験した人が中心になってきている。ことし筆者が取材した2人の方も、戦時中は小学生だった。1人はグラマンの機銃掃射や頭上を飛ぶB29におびえたり、食べるものがなく空腹に耐え続けた日々、戦中と終戦直後でまったく学校生活が変わったことなど。もう1人からは空襲で無数に降り注ぐ焼夷弾の雨から命からがら逃げた話などを聞いた。子ども時代の話ながら、戦争の恐ろしさは十分に伝わった。
 空襲を受けた戦争経験者の言葉が印象的だ。「戦争が始まった当時、誰が無数の焼夷弾の雨の中を逃げるような悲惨な光景を想像できただろうか」。いまでこそ「戦争は悲惨」との認識だが、当時の日本人は誰もが勝利を信じ、ある意味で楽観視していたのだろう。現代の日本人も「まさか戦争なんて」と再び楽観視しているのかもしれない。
 今後も戦争経験者の高齢化は進み、貴重な話を聞ける人も少なくなる。話を聞ける人がいなくなっても、経験者が訴える戦争の悲惨さと平和への思いはなくしてはいけない。微力ながら紙面を通じて貴重な声を残していきたい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 密漁も不法投棄もせんといてな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  2. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  3. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  4. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  5. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る