日高元気塾が化粧せっけん開発中

 日高町の農業者らでつくる日高元気塾(井上純代表)が、大阪府の大手食品会社とコラボレーションして、自分たちが栽培しているなた豆を使った「化粧せっけん」を開発している。加齢臭予防などの効果があるとされているが、全国的にはまだ珍しい商品。成功すれば農業振興や町のPRにもつながると期待されている。
 なた豆はマメ亜科の1年草。さやが刃物のように見えるのが特徴で、近年は口臭予防や蓄膿症、メタボ、アレルギーなどに効果があるとされる健康食品として注目。また、栽培に際して鳥獣被害が少ないとされる。そんななた豆に、日高元気塾が農業の6次産業化(生産から加工、販売まで)や遊休農地の活用などを目指して着目し、平成25年から栽培をスタート。面積3㌃で、26年は3㌧、27年は1・5㌧を収穫した。
 同塾はこのなた豆を使った商品開発も進めており、今回その話を知った大手食品会社側から同塾に対して化粧せっけんの開発について打診があった。なた豆の化粧せっけんはあまり例がないが、なた豆の天然成分が体の消臭などに効果があるとされており、男性が加齢臭を気にする時代、人気商品になる可能性もある。同塾はなた豆の提供を行うことにし、商品のパッケージにはこれまで開発した商品と同じように「九絵の町 日高町」「木のくにの恵み」などの文言も入れてもらう予定。
 井上代表は「来週中にもその会社から関係者がやって来ることになっています。せっけんの形にするのは全て手作業で、商品ができるまでには、2カ月ぐらいかかると聞いています」と話し、「なた豆生産だけで生計を立てるのはまだ難しいですが、これを契機に軌道に乗ってくれれば。町内で働く場所があれば若者たちも定住してくれるはず」と期待している。

関連記事

フォトニュース

  1. お元気ですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る