金メダル以上の輝き

 リオオリンピックが閉会。日本人選手のメダル獲得数は、これまで最高だった前回のロンドン大会の38個を上回る41個となった。そこには、勝っても負けても涙を流す選手たちの姿があった。メダルの色でも涙の意味が違う場合もある。「悔し涙」「うれし涙」という簡単な言葉では言い表すことができない、複雑な感情が胸にこみ上げてくるのだろう。
 筆者がこの大会で一番印象的に残ったのはレスリング53㌔に出場し、銀メダルだった吉田沙保里選手。決勝でアメリカのヘレン・マルーリスと対戦し、1ピリオドは1―0とリードを奪ったが、2ピリオドで逆転されて1―4で敗れた。敗戦が決まるとしばらくマットに顔をうずめ、泣き崩れた。
 オリンピックに出場することでさえスポーツ選手万人の夢。しかも、そのオリンピックで3連覇するという偉業を成し遂げ、今回でも世界で2位という立派な成績だった。にも関わらず、試合後のインタビューでは「ごめんなさい」という言葉を口にした。「霊長類最強の女子」とまで言われたレスラーが人目をはばからずに涙を流した。
 だが、今回が銀メダルだったからといって吉田選手の功績が決して色あせることはない。「勝って当然」という途方もない重圧を背負わされていたことは、他の選手にはなかった大きなプレッシャーだったのだろう。
 筆者はスポーツのことはまったく知らない素人で、もちろん日の丸を背負って戦った経験などない。そういう人間が言うべきことではないかもしれないが、ただ言えることは、メダルの色に関係なく選手達が国民に大きな感動を与えたという事実。吉田選手をはじめ、出場選手すべてが金メダル以上に輝いていた。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る